6/75ページ

6/75ページ

二度敗れた人に忠告する。三度目に火を求めぬように。『虱と農夫』イソップ寓話集

農夫が畠を耕していると、虱がこっそり咬みついた。二度までは耕作を止めてシャツの掃除をしたが、またも咬まれるので、再々仕事の手を止めなくてもよいように、シャツを火にくべた。私も二度敗れた人に忠告する。三度目に火を求めぬように、と。

一般ユーザーに説明する プロジェクト・マネジメントと大衆の理解

海洋情報ネットワークの構築が進む中、IT会社のキプリング社長は、そのアイデアがどれほど一般人に受け入れられるか、プレゼンテーションするよう促す。ヴァルターは若手社員にオープンデータベースの概要を説明するが、海洋情報に無関心な社員らの反応は微妙だ。優秀なプログラマーでもあるゾーイは「世の中の9割は『分からない人、努力しない人』なのよ」と指摘する。

ヤクザは人間ではない 角川映画『キャバレー』とサックスの名曲「レフトアローン」

ミュージシャンが指を切り落とされて「ひどい、あんた人間じゃない(野村宏伸)」「オレはヤクザなんだよ(鹿賀丈史)」でお馴染みの80年代角川映画のヒット作。マリーンの歌うジャズの名曲『レフトアローン』も印象的で、曲だけ憶えている人も多いはず。果てして実際のやくざはどうなのか。親分さんの思い出から綴る。

映画『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』中国の台頭と移民コミュニティ

1980年代、早くも21世紀の中国台頭について予見していたマイケル・チミノ監督のアクション映画。ニューヨークのチャイナタウンを舞台に、昇竜のように勢力を伸ばすチャイニーズ・マフィア(=ジョン・ローン)とNY市警(=ミッキー・ローク)の攻防を描く。80年代を代表するイケメン俳優の瑞々しい演技と存在感が光る傑作を画像と動画で紹介。

鉱業資源データベース ~産業振興の知的基盤を構築する

海洋産業の振興と住民の関心を高める為に海洋情報ネットワークの構築を急ぐが、事はそう簡単ではない。一人で気負うヴァルターにメイファン女史は、自分のアイデアをいかに周りに説得するかだと説く。そんな折り、最も成功しているオープンデータベース・システムの鉱業資源データベースの存在を知り、自信を深めるが、一方で経済特区分断の噂を耳にし、ヴァルターとリズは動揺する。

未来のビジョンを『絵』に描く 大衆の心を動かす具体性と技術検証

ペネロペ湾に巨大な円環の海洋都市『パラディオン』が建設されれば、悪しき慣習と構造が持ちこまれ、同じ資本と権力が跋扈する。未来の硬直化を懸念するアルは、ヴァルターの描く『リング』こそアステリアに豊かさをもたらすと確信し、娘のリズに胸の内を明かす。彼の描く絵にそれほどの説得力があるのか、リズは半信半疑だが、伯母ダナの意見を聞いて納得する。

君も囚われのプレイヤー 押井守の映画『アヴァロン』

ポーランド在住の筆者がAVALONの魅力とポーランド語歌詞と作中に登場するポーランドの小物を紹介。果たして君が信じる世界は絶対なのか、頭のいいゲームマスターに踊らされ、延々と自分を消費しているだけではないか、Welcome to Avalon の行き着く先は何なのか、を哲学的に解説。

E=MC2 21世紀と個人主義と『カラスの勝手でしょ』

21世紀は自由でのびのびした個の時代が訪れるはずだった。だがこの十数年のうちに起きたのは個による分断と全体の衰滅で、歴史は一気に揺り戻しの方向に向かっている。カラスの勝手でしょと歌っていた子ども達が社会の中核を成す今、日本はどうするべきかという、ひょっこりひょうたん島な話です。

数十年もすれば老朽化して、地元のお荷物になるような商業施設に巨額の予算を投じるよりも

急ピッチで湾岸開発の進むペネロペ湾では既に世界的な建築家フランシス・メイヤーと大手建設会社ロイヤルボーデン社が足がかりを作り、『海上のヴェニス』と称される円環の海上都市の建設計画を推し進めていた。再びメイヤーと対峙したヴァルターはわだかまりを水に長そうとするが、故郷の再建計画をめぐって再び恨みが再燃する。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 75
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }