wp_optionsから不要なプラグインデータを一括削除する(中上級者向き)

WordPressのプラグインは便利ですが、利用を中止しても、設定データはいつまでもwp_optionsに残存し、データベースを肥大化させます。

特に設定項目の多いプラグインだと、何十行もデータが作成され、うっとうしいですよね。

WP-Optimize みたいに、不要なデータを一括削除するプラグインもありますが、未使用のプラグインの設定データまで細かに掃除してくれるわけではありません。

二度と使う予定のないプラグインの設定データは、phpmyadmin の検索機能を使って一括削除しちゃいましょう。

[su_highlight background=”#fffacd”]わかりきったことですが、作業する前に、データベースのバックアップをお忘れなく。[/su_highlight]

Clean Optipnsで不要なデータを探す

何百行、何千行に及ぶ、膨大なwp-optionsから不要なデータを探し出すのは容易ではありません。

そこで Clean Optionsというプラグインを使います。開発終了から8年以上が経過した、とてつもなく古いプラグインですが、未だに動いているゾンビのような逸品です。

プラグインを有効化して、『ツール』の『CleanOptions』からアクセス。

上段にチェックの入った状態で、Find Orphaned Options(孤立したオプションを検索)をクリックします。

Celan Options

孤立していると思われるオプションの名前(option_name)が一覧表示されます。

Google it 青文字 をクリックすると、そのオプションの名前を一発検索できます。

どのプラグインのオプションか、瞬時に分かる時もあれば、まったく無関係な検索結果にヒットすることもあり、百発百中とは言えませんが、多くののoption_nameにはプラグインの名称が含まれる為、一目で予測はつくと思います。

これらのリストは、孤立していると思われるであって、中には現役のデータも混じっているので、削除する際は十分に注意が必要です。

phpmyadminの検索機能を使う

不要なプラグインの option_name が分かったら、phpmyadminで wp_options にアクセスし、『検索』の画面を開きます。

たとえば、Jetpack by WordPress.comの場合、option_nameには jetpack という文字が含まれるので、%でワイルドカードを使って、jetpack に関するデータを呼び出します。この場合、jetpack% と記入します。

wp_optionsの検索

こんな感じで、ずらずら出てくるので、「全て選択」して、「削除」するだけ。簡単ですね。

option_nameから不要なプラグインデータを一覧表示

有名な EWWW Image Optimizer の設定データも、同じ要領で消しちゃいます。

EWWW Image Optimizerの設定データを消す

同じ要領で、_transient% なども一括削除すれば早いですよ。

削除していいかどうか分からない場合は、検索 → option_value で中身を確認すれば、不要なデータか否か、すぐに分かると思います。

wp_options のデータをエクスポートして、テキストエディタでごちゃごちゃいじるより、検索でデータの行を呼び出して、適宜、内容確認しながら削除した方が早いので、腕に自信のある方はお試し下さい。

Clean Options も、用事がが済んだら、削除または停止して下さいね。

ちなみに、不要なプラグインデータとしていますが、テーマ・テンプレートの設定なども含まれます。

QUOTE CARD

No feeds available.
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。