複数のウィンドウを一つにまとめる無料ソフト『TIDY TABS』

複数の異なるアプリケーションで、いくつもウィンドウを開いて作業しなければならない時、いちいちウィンドウを切り替えるのが面倒ですね。
ショートカットやマウスボタンで切り替え可能なソフトウェアもありますが、そもそもショートカットを覚えるのが面倒というあなたにお薦めしたいのが、複数のウィンドウを一つにまとめる無料ソフト『TIDY TABS』です。

https://www.nurgo-software.com/products/tidytabs

こんな感じで、異なるアプリケーションでも、ウィンドウ同士を一つの画面にまとめてくれる優れもの。

TIDY TABS

使い方はいたって簡単。

販売元ページからソフトウェアをダウンロードし、インストールすると、タスクバーにメニューが現れます。『Setting』で設定。

TIDY TABS

設定は三カ所だけ。「Start with Windows(Windowsのスタートアップに登録)」「 Automatically check for updates(自動アップデートの確認)」「 Show an icon in system tray(システムトレイにアイコン表示)」

TIDY TABS

機能を有効かすると、マウスをウィンドウズの上部、タイトル部分に近づけると、小さなタブが現れます。
ポインターをタブにのせ、マウスの左クリックを長押ししながら、合体したいウィンドウに近づけると、相手のウィンドウにもタブが現れるので、そのままドラッグ&ドロップ。

TIDY TABS

こんな感じで、三つのウィンドウが一つのウィンドウにまとまります。

TIDY TABS

異なるアプリケーションでもウィンドウの合体が可能です。Em EditorとEVERNOTE。
ただし、無料版の場合、合体できるウィンドウの数は3つまでです。

TIDY TABS

グループを解除する時は、タブにマウスカーソルを合わせ、素早くウィンドウ外に移動させます(Chromeのタブを分離する要領)

販売元サイトでも宣伝していますが、本当に軽くて、アプリケーションの機能がダウンすることもありません。

TIDY TABS

Pro版は、3つ以上のウィンドウを合体できたり、指定のウィンドウを自動的にグループ化したり、マウスの中ボタンでタブを閉じることができたり、マルチモニターでの使用が可能だったり、使える機能が広がります。1ライセンス=9ドルなので、悪くはないですね。いろんなアプリケーションを立ち上げて、デスクトップがゴミ場と化す方には重宝するのではないでしょうか。あとウィンドウ間でデータの切り貼りを頻繁にする場合もなかなか便利です。まずはフリー版で試してみて下さい。

TIDY TABS

QUOTE CARD

  • どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。 その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。 誰でも犠牲は怖い。  自分だけ馬鹿正直をして、損したくない気持ちは皆同じだ。  だが、その結果、一番側で見ている子供はどうなるか、いわずもがなだろう。  言行の伴わない親を持つほど不幸なことはない。  たとえ現世で馬鹿正直と言われても、本物の勇気、本物の優しさ、本物の気高さを間近に見ることができた子供は幸いである。 どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。...
  • 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを「創造的な生き方」と言います。 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。...
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。