SEOPress

Yoastがしんどい 個人サイトにおすすめ最適化プラグイン『SEOPress』

最適化プラグイン『SEOPress』について

SEO最適化プラグインといえば、最も有名なのが Yoast SEO、次点が All in One SEO Pack 最近では The SEO Framework も人気がありますが、どれも多機能すぎて、個人サイトにはちょっと重く感じることもあると思います。WordPressユーザーも中堅になると惰性でYoastを使い続けている人も少なくないのではないでしょうか。

私もずいぶん長いことYoastを使ってきましたが、最近では、テーマ・テンプレートにデフォルトでSEO対策機能が備わっていたり(タイトルとメタディスクリプション、SNS・OGP設定など)、Yoastもすっかり製品化して、個人サイトには過剰なプラグインになってきたことから、乗り換えることにしました。大規模な商用サイトなど、本格的にSEOに取り組んでいるサイトには便利だと思いますが(特に英語圏)、記事のアナリティクスとか、サジェストキーワードとか、本気でやりだしたらキリがないし、日本語だと上手く機能しない部分も多いので。

そこで導入したのが、SEOPress
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-seopress/

無料版とPro版がありますが、無料版の機能はYoastの無料版とまったく同じ、むしろ、Yoastより使える機能が若干多いです。また各記事のSEO設定画面も非常にシンプルで、Yoastのようにギラギラと威圧感がありません。

また、Yoast SEO、All in One SEO、 The SEO Frameworkから、タイトルやメタディスクリプションのデータをワンクリックでインポートする機能も備わり、切り替えも簡単です。

そろそろYoastに飽きてきた、もう少しシンプルで、楽に管理できるSEOプラグインに変えたい方におすすめです。

[outline]

SEOPressの基本設定

無料版の基本の画面。

Yoastと異なるのは、一画面に一覧表示される点。操作がしやすいです。

TITLES & METAS 
タイトルとメタディスクリプションの設定。

XML / IMAGE / VIDEO / HTML SITEMAP
XMLサイトマップ & HTMLサイトマップ の生成。

SOCIAL NETWORKS
SNSのディスクリプションや画像設定。
主にTwitterとFacobook。

GOOGLE ANALYTICS
Googleアナリティクスの設定。

ADVANCED
パーマリンクのスラッシュや不要なメタタグの除去、各種ツールの有効・無効など。

TOOLS
設定のエクスポート&インポート、Yoast SEO、All in One SEO、 The SEO Frameworkからのデータ移行。

基本の設定

基本の設定

メニュー構成もYoastに似ています。

分かりやすいメニュー

TITLES & METAS の設定

投稿タイプ、アーカイブ、タクソノミについて、タイトルとメタディスクリプションの設定ができます。
要領はYoastと全く同じです。

投稿タイプのタイトルとメタディスクリプションを設定

Advanced設定の画面。 noimageindex norachive nosnippet nositelinkssearchbox の有無を操作します。
アーカイブページのトップにnext/prev linkを挿入することもできます。

タイトルとメタディスクリプション の設定

XML / IMAGE / VIDEO / HTML SITEMAPの設定

XMLサイトマップとHTMLサイトマップが作成できます。
投稿タイプ、カテゴリー、タクソノミについて、サイトマップに含めるか含めないかを個別に調整。
HTMLサイトマップのジェネレータ機能も付いています。

XMLサイトマップの設定

SOCIAL NETWORKSの設定

SNSのアカウントやOpen Graphを操作。主にFacebookとTwitterの設定が可能です。

SNSの設定

GOOGLE ANALYTICSの設定

Googleアナリティクスの解析タグの埋め込み、外部リンクやイベントのトラッキング、カテゴリーやタグ、投稿タイプのトラッキングの有無などを細かく設定できます。

Googleアナリティクスの設定

SEOPressの画面でフィルタリングできるので、便利ですね。Googleアナリティクスはいまいち使いにくい。

Googleアナリティクスのフィルタ機能

ADVANCEDの設定

投稿やカテゴリーのパーマリンクのスラッシュの有無。
不要なメタタグの除去(Windows Live Writer、shortlink meta tag、RSDメタタグ)
Googleサーチコンソール、Bing、Pinterset、Yandexの認証。

パーマリンクの詳細設定

SEOPressの入力ツールについて、投稿画面やタクソノミの編集画面に表示するか否かを細かく設定できます。

ツールの詳細な設定

TOOLSの設定

設定データのエクスポート&インポート、Yoast SEO、All in One SEO、 The SEO Framework のデータ移行がワンクリックで可能です。

Yoastなどからデータ移行

投稿画面のSEOツール

タイトルとメタディスクリプションの設定

noindex nofollow noodp noimageindex noarchive nosnippet CanonicalURL の設定ができます。

noindex noarchive などの設定

SNSでシェアされた時のタイトルやディスクリプション、画像の設定ができます。

SNSの設定

各投稿についてリダイレクションの設定ができます。

アドバンス設定

同様のSEOメタボックスは、カテゴリーやタグの編集画面にも付属しています。

私は使っていませんが、無料版でも、キーワードやテキスト解析が可能です。Yoastと同じです。
精度は分かりませんが、興味があればお試し下さい。日本語環境では、あまり期待できませんが。

まとめとPro版

私もYoastからSEOPressに移行して一ヶ月ほどですが、機能はYoastとまったく同じ、むしろプラスアルファ、各種設定画面もシンプルで、広告も入らないことから、楽に使えています。(広告が入らないのはプラグイン主のポリシーらしい)

Yoastから移行した場合、サイトマップの構造が変わってしまうのは仕方ないですが、サーチコンソールにもすぐに反映されて、特に問題はありません。

個人サイトで、とりあえず、タイトル、メタディスクリプション、XMLサイトマップ、パーマリンク、index 回りについて、シンプルに対策するだけなら、SEOPressで十分だと思います。
Yoastはギラギラして、プレッシャーに感じる人は、この際、SEOPressに乗り換えてはいかがでしょうか。
ちなみに、メタデータに関しては、Yoastのメタキーなどをそのまま取り込むみたいですね。
もうYoastは必要ないやろ、と、wp_postmetaからYoast絡みのデータを数行削除したら、投稿からもディスクリプションなどが消えてしまったので、メタキーや値をそのまま使うみたいです。

またPro版は無制限に複数サイトで使えて、年額39ドル。1年間無料アップデート&サポート付きです。
ただし、「返金には応じない」「アップデート割引はなし」とのことなので、使用を継続するには毎年39ドルの課金が必要です。
https://www.seopress.org/support/faq/

Pro版には「404モニター&リダイレクト」「リンク切れチェッカー」「バックリンクチェッカー」「htaccess とrobots.txt 編集」「VIDEOサイトマップ」「Google 構造データ」など、ビジネス向きのサービスが付加されます。404モニターやリンク切れチェッカーは便利ですね。

プロ版の案内

広告

ライティングの最新記事4件

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG