Phoenix Media Rename プラグイン

アップロード済みの画像ファイルの名前変更を容易にする Phoenix Media Rename プラグイン

WordPressプラグイン『Phoenix Media Rename』は、既にアップロードして、投稿にも添付した画像ファイルの名前をメディアライブラリから一括変更します(ファイル名、投稿内の記述とも)。

アップロード済みの画像ファイルの名前を変更したい

投稿する際、次々に画像ファイルをアップロードして、記事に貼り付けたはいいものの、後からファイル名を変更したい、でも、いちいち編集画面を開いて、ファイル名を書き直したり、画像を貼り直すのは面倒くさいことがありますね。

そんな手間を省いて、画像ファイル名を簡単に変更し(サーバー上、投稿内、両方)SEOにも効果がある(らしい)のが、Phoenix Media Rename
https://ja.wordpress.org/plugins/phoenix-media-rename/

私もスマホで撮影した写真を一括でアップロードしたはいいものの、後から、ファイル名が撮影日丸わかりに気づいて、焦ったことが何度もあります。

このプラグインを使えば、メディアライブラリの編集画面から簡単に画像ファイル名を変更できるだけでなく、投稿内のファイル名も同時に書き直してくれる為、非常に便利です。

画像ファイル名も記事のタイトルや内容に関連した名前を付けた方がSEOにも効果がある(らしい)ので、興味のある方は試してみて下さい。

Phoenix Media Renameの使い方

プラグインをインストールして、有効化すると、メディアライブラリの編集画面にリネーム用のボックスが出現します。

これらのファイル名は、スクリーンショットのアプリで自動的に名付けしたものなので、数字の列に過ぎません。

メディアライブラリのデフォルトの状態

そこで、タイトルにちなんだものにリネーム。……といっても、word-online にしただけの、ずぼらネーミング。

ちなみに、番号は自動的に割り振りしてくれないので、手動で入力する必要があります。

下図の一括操作から「Rename(画像ファイル名変更のみ)」もしくは「Rename&Retitle(画像ファイル名と画像タイトル名を変更)」を選択して、『適用』すれば変換が始まります。

ファイル名を一括でリネーム

ちなみに、apply watermarkというのは、画像に自動的にウォーターマークを挿入するプラグイン『Image Watermark』の機能です。これも非常に有用ですよ。

画像ファイル名のリネーム 一括操作

あとは、グルグルのサインが緑マークに変われば、変換完了。

投稿内のファイル名も変わっています。

いちいち該当記事の編集画面を開かなくていいので、ずぼらなアナタでも5分でリネーム作業が完了しますよ。

画像ファイル名に撮影日やデバイスの名称が入っていたり、ファイル名が日本語のままだったり、おかしなことになっている方におすすめです。

難しいことは何もないので、気になる方は、ぜひお試し下さい。

ちなみに、画像の使用については、Google Photoの埋め込みが便利ですよ。

Google Photo の埋め込みコードを生成してウェブサイトに貼り付ける方法

参照記事

Image SEOとかいうらしい。こんなことまで拘りだしたら、一日PCに張り付いても、まだ足りないですね。

それでも上位表示したい方は、ここまで徹底的にするべきなのかもしれません。

ただし英語と日本語の違いはあると思いますが。

What Should I Name My Images for SEO?

Image SEO: Alt Tags, Title Tags, and Everything In-Between

広告

ライティングの最新記事4件

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG