コンピュータ タブレット

手動で関連記事を挿入・自動相互リンクも可能な『Custom Related Posts』

WordPressにも様々な種類の関連記事の表示プラグインがありますが、タグやコンテキストによる自動表示では狙い通りに関連記事が表示されないことがあります。

かといって、一つ一つ、手作業でリンクを挿入していては、とても追いつかないですよね。

そこでおすすめしたいのが、Custom Related Posts

Custom Related Posts
https://ja.wordpress.org/plugins/custom-related-posts/

投稿画面から、相互リンク、もしくは、片側リンクを設定することができ、相互リンクの場合は、自動的にリンク先の記事からも逆リンクを挿入してくれる便利なプラグインです。

使い方は簡単。プラグインを有効化したら、基本の設定を行います。

OUTPUT・・Open in New Tab(新しいタブで開く)

POST TYPES・・有効にする投稿タイプ
※ 欄内をクリックすると、投稿タイプを選択できます。

Custom Related Posts

SEARCH
Number of Posts(投稿画面の検索ボックスに表示する記事の数)
※ あまり数値を大きくすると、リンク先の記事を探し当てるのが大変です。

Post Status・・公開の状態
※ 通常は、Published(公開済み)で。Anyにすると、下書きや非公開なども含まれます。

Custom Related Posts

投稿画面には、画像のようなリンク挿入のボックスが現れます。

Add Relation にリンク挿入したい記事のタイトル、もしくは関連ワードを入力して、Searchをクリック。
精度は高いので、すぐに見つかります。

Linkのタイプは、To(この記事から先方の記事へ)Both(相互リンク)From(先方の記事からこの記事へ)の三種類が選べます。

This post links to ・・この記事から先方の記事へ

This post gets links from・・先方の記事からこの記事へ

Custom Related Posts

いったん相互リンクを設定した後、リンクを解除する場合、赤丸のマイナスをクリックすると、リンクが削除されます。

Custom Related Posts

リンクの挿入場所は、ショートコード、もしくはテンプレートタグが使えます。

”Related

”None

order_by や order のパラメータは、WP_QUERY の orderby に準じます。関数リファレンスを参照して下さい。

https://wpdocs.osdn.jp/関数リファレンス/WP_Query

none_text は、リンクが存在しない場合に表示されるテキストです。

テンプレートタグとして利用する場合は、次のタグを応用します。

php echo do_shortcode(‘[ショートコードの文字列]’);

記事内に挿入したリンクのリスト。

自動表示だと、どうしてもターゲットが大雑把になるので、狙い通りに関連記事を表示するなら、手動挿入がおすすめです。

Custom Related Posts

その他の付加機能として。

リンクについて、キャッシュ機能が使えます。

Custom Related Posts

オリジナルのスタイルが適用できます。

Custom Related Posts

その他の手動リンク挿入プラグイン

Yuzo Related Post
https://wordpress.org/plugins/yuzo-related-post/

関連記事の表示プラグインで有名です。
タグやカテゴリー分類による自動挿入、マニュアル挿入の二通りあり、カスタマイズの方法も豊富です。
当サイトで使用しているテンプレートには、関連記事の自動挿入がデフォルトで装備されているので、こちらは使いませんでした。
高度で、複雑なので、凝りたい人向き。

CP Related Posts

CP Related Posts

これも自動挿入、マニュアル挿入、二つの機能が備わっています。
マニュアル挿入の機能も便利ですが、ツールボックスがぐだぐだしていたので、使いませんでした。
有料版への誘導もあるので、よほど気に入ったら……ということで。

Related
https://wordpress.org/plugins/related/

これも手動挿入できますが、全て相互リンクで、リンクタイプを選べないので、選択外。

広告

ライティングの最新記事4件

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG