WordPressのデータを手軽に取り出す『Simple CSV/XLS Exporter』

WordPressも記事数が増えてくると、「投稿IDとタイトル名だけ取得して、Excelで一覧表示したい」「タグとカテゴリーを整理したい」等々、個別にデータを取得して、整理や俯瞰に利用したい時がありますね。

そんな時に便利なのが、プラグイン『Simple CSV/XLS Exporter
https://ja.wordpress.org/plugins/simple-csv-xls-exporter/

データをCSVやXLS形式で取り出すプラグインなら、『Export WordPress data to XML/CSV』が有名で、高機能ですが、カスタムポストやタームに関しては有料になるので、手軽にとはいきません。収益のあるWooCommerceや巨大サイトの運営者向きです。

個人で、ちょっとタイトル一覧を取得するぐらいなら、Simple CSV/XLS Exporter がおすすめ。

使い方はいたって簡単。

インストールして、設定画面から、取得したいデータを選択します。

投稿のステータス。公開済み、下書き、ゴミ箱など。

Simple CSV/XLS Exporter

取得したい項目をクリックで選択します。複数選択する時は、Ctrlキー+クリックで。

Simple CSV/XLS Exporter

ここが肝心ですが、投稿のステータス、取得したいデータを選んだら、一度、『変更を保存』をクリックして下さい。そうすれば、Custom Fields to Export の内訳が取得できます。(デフォルトの状態では表示されない)

確定したら、Export CSV もしくは Export XLS をクリックしてデータをダウンロード、ローカルに保存します。

Simple CSV/XLS Exporter

CSVでダウンロードして、Excel(厳密にはWPS Spreadsheats)で開くとこんな感じ。

Simple CSV/XLS Exporter

投稿の整理などに便利ですよ。

ぜひ試してみて下さい。

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。