ヴォイチェフ・キラールの『ドラキュラ組曲』(フランシス・コッポラの映画)

今なお根強い人気を誇るフランシス・コッポラの映画『ドラキュラ』(詳細はこちら→石岡瑛子さん追悼 フランシス・コッポラの映画『ドラキュラ』~不滅の愛を描く~)。

この映画音楽も非常にドラマティックで、特にミナとドラキュラ伯爵の愛のテーマは白眉のもの。

作曲者は、ポーランド出身の『ヴォイチェフ・キラール』。

サウンドトラックとは別に『ドラキュラ組曲』が存在します。

地元の交響楽団のプログラムにも取り入れられています。

こちらは別の楽団の演奏ですが、コンサートホールで聴くと、グランドピアノや弦楽器が足元から響き渡るよう。


こちらが深く印象に残る愛のテーマ。

コッポラの『ドラキュラ』が成功した理由は、悪鬼で知られるドラキュラを「一人の男」──心ならずも神の教えに背き(妻の自殺によって)、愛に飢えて彷徨う、誇り高い貴族として描いている点でしょう。

ドラキュラにおける『血』とは『愛』。

孤独、寂寥、悲哀、絶望、嫉妬を「血への渇き」に喩え、悪鬼ドラキュラに人間の心のどうしようもない性(さが)を重ねた点に、儚くも美しいドラマがあったように思います。

ラスト、短剣で胸を貫かれたドラキュラが聖堂の天蓋を見上げ「神は何処に……」と救いを求める場面が非常に印象的でした。

そして、「あなたと血を分かち合い、あなたと同じものになる」というミナの願いも、まさに真実の愛。

撮影現場ではドラキュラを演じたゲイリー・オールドマンと、ミナを演じたウィノナ・ライダー(この頃が最高に美しかった)の仲が最悪だったという話もありますが、そんなことを微塵も感じさせないほど、官能的で、耽美の極みです。


一応、Spotifyのリンクも掲載。(日本で聴けるかしら?)

愛のテーマ =「Mina / Elizabeth」です。

日本のAmazonではMP3で取り扱っています。興味のある方はどうぞ。

Kilar: Bram Stoker's Dracula / Death and the Maiden / King of the Last Days
by Antoni Wit (MP3 ダウンロード)
定価  ¥ 1,500
中古 1点 & 新品  ¥ 1,500 から
 (0 件のカスタマーレビュー)

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。