初恋は過ぎ去って初めてその人を本当に愛し始める ~松任谷由実『タワーサイド・メモリー』

初恋は、過ぎ去ってからはじめて、その人を本当に愛し始めるのではないか、と思う。

恋の中にいる時は、ただただ、側に居られるだけで幸せ、目が合うだけで嬉しくて、はしゃいだり、落ち込んだり、自分の感じる気持ちがすべてで、相手のことなど本当は見ていない。

そうして恋が終わり、何もかもが懐かしく感じられるようになってはじめて、その人の優しさに気付く。

あの言葉も、あの眼差しも、そういう意味だったのだ──とようやく理解した時、皮肉にも、愛を伝える機会は永遠に失われているのだ。

 
そう思うと、どうして、もっと強く、気持ちをぶつけ合えなかったのだろう。

好きなら「好き」、失いたくないなら「失いたくない」と、どうして言葉にしてはっきりと相手に伝えなかったのだろう。

傷つくことばかり恐れて、自分のホントの気持ちさえ見失っていた。

愛し方も傷つき方も分からなかったから、あの頃は──。

*

ユーミンの『タワーサイド・メモリー』を聞いていると、「恋すること」、それ自体が、どれほど素敵な心の体験か、今さらのように思わずにいない。

でも、恋の最中では、相手の気持ちとか、二人の運命とか、そういうことばかり気になって、だんだん心の体験としての恋を実感できなくなってしまうんだな。

そして、後々になって、ああ、あの素敵な一瞬を、どうして笑って過ごせなかったのかと心残りに思う。

もっと、あの人の声、あの人の笑顔、仕草の一つ一つを、深く、強く、心に刻みつけておけばよかった、と。

懐かしんでも、すべては時の彼方で──。

あの時 さらって くれたらいいのに

「ごめんね」なんて 言って欲しくない。

痛みの中で知ってゆく。本当の、人の愛し方──。

松任谷由実, (Yumi Matsutôya) – タワー・サイド・メモリー (TAWAA SAIDO MEMORII ) от Sonate64 на Rutube.

CD

昨晩お会いしましょう
by (CD)
定価  ¥ 2,305
中古 24点 & 新品  ¥ 1,580 から
5つ星のうち 4.7  (41 件のカスタマーレビュー)

一部ファンの間ではユーミンの最高傑作と称されるアルバム。
その後のヒット曲とも、荒井由実時代のヒット曲とも一線を画したような、透明感あふれる作品がいっぱい。
幸福感はないけれど、若い女の子の心の底をノックするような、切ない歌詞が秀逸。
ユーミンのベストセラーもたくさんありますが、これだけは別格です。

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。