日本のハウス・ミュージックをヨイショする Towa tei の『Sweet Robots Against The Machine – Free』

我が家で大人気のTowa-Teiさんの『Sweet Robots Against The Machine – Free』。

正直、こんなアーティストがいるとは知らなかったし、この系統の音楽もほとんど聞かないんだけど、Sweet Robotsにはハマった。

麻生久美子ちゃんと桃生亜希子ちゃんの出演する動画もとってもキュート。


Spotifyのリンク

こちらがデニス・ウィリアムスの歌うオリジナルの『Free』。本来はスローバラードなんですね。

日本人Sweetの魅力

私のように金髪碧眼の世界に身を置いていると、日本女性のふっくらとした肉の柔らかさや蜂蜜のような肌のなめらかさ、黒いつぶらな瞳がとても魅力的に見える。

金髪のお姉さんたちも、確かに綺麗ではある。

しかし、骨格標本のような線の細さや硬質の肌、メリハリのない白い肌やガラスのような青い瞳は、まるでブティックのマネキンみたいで「抱きしめたい」という気持ちにはならない。

見るにはいいけど、抱いて温もりを求めようとは思わないんだな。

西洋の男性が東洋の女性に興味を持つのも、おそらく、こうした理由によるだろう。

このビデオクリップを見ても、麻生久美子ちゃんや桃生亜希子ちゃんのなんて美味しそうで、柔らかそうなこと。

肌ぷよぷよとして、指でつんつんと突きたくなるくらい。

近頃は「痩せたい。できれば金髪のスーパーモデルのようになりたい」と願う女性が多いけれど、あれはやはり高級モードに身を包むから映えるのであって、普通にジーンズやTシャツ姿で日常を過ごす分には、東洋女性のふっくらした体型の方が絶対に魅力的だと思う。

実際、白人女性が、東洋女性のような健康的な肌の色に憧れていることは、町の至る所にあるソラリウム(日焼けサロン)を見ればわかる。
日本女性が「美白」を追求するように、こちらの女性は「ブロンズ ジューティ(黄金の肌)」が憧れで、夏にコスメ・ショップにいくと、うっかり「日焼け用クリーム(防止用ではない)」を買ってしまう恐れがあるほどだ。

もちろん、「女のないものねだり」は東西共通かもしれない。

でも、白人女性が「黄金の肌」に憧れる気持ちは、恐らく日本女性が美白にこだわる気持ちよりずっと強いと思う。

何故かと言えば、黄金の肌には生気があふれているからだ。

同じように微笑んでも、白人女性の微笑みと東洋女性の微笑みには決定的な差異がある。

もしこのような表現が許されるとしたら、東洋女性の微笑は「肉感的」という点ではるかに美味しそうに見えるのだ。

硬質で深みのない白い肌や骨格標本のような体型に憧れる必要はない。

自らの美しさをもっと誇ればいい。

外に出れば、きっと分かる。

日本女性は自分たちが思っている以上に魅力的だということが。(褒めすぎ??)

関連アイテム

Towa Tei (CCCD)
by (CD)
定価  ¥ 1
中古 21点 & 新品  ¥ 1 から
5つ星のうち 4.7  (10 件のカスタマーレビュー)

Towa Tei (CCCD) TOWA TEI | 形式: CD

初心者にはちょっとキツイかな?系のサウンドもあるけれど、Freeだけでも聴く価値があるというのはホント。
Amazonの方で全曲試聴できるので、興味のある方はどうぞ。

Everything needs love featuring BoA
by MONDO GROSSO, MONDO GROSSO, BoA (CD)
定価  ¥ 2,980
中古 17点 & 新品  ¥ 3 から
 (0 件のカスタマーレビュー)

モンドグロッソがBoAをフィーチャーした“世界標準”の華麗なダンス・チューン。ちょっと力みもあるけれど、堂々たる歌いっぷりのBoAちゃん。まだ16歳。若い。カッコいいです。そう言えば昔、紅茶飲料のCMでお茶目なことやってたのは彼女だったんですね。(全曲試聴OK)【Amazon.comより】

……とのこと。
16歳でこの歌唱力。すごいね!
4つのバージョンが収録されているのですが、ピアノ・バージョンがとてもお洒落です。

QUOTE CARD

No feeds available.
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。