かなしくなったときは 海を見にゆく

かなしくなったときは

かなしくなったときは 海を見にゆく
古本屋のかえりも 海を見にゆく

あなたが病気なら 海を見にゆく
こころ貧しい朝も 海を見にゆく

ああ 海よ
大きな肩とひろい胸よ

どんなつらい朝も どんなむごい夜も
いつかは終わる

人生はいつか終わるが
海だけは終わらないのだ

かなしくなったときは 海を見にゆく

一人ぼっちの夜も 海を見にゆく

寺山修司少女詩集 (角川文庫)

どうやっても不器用な人間がいる。

ああしなさい、こうしなさい、頭では分かっていても、どうしても、そうできない人たちだ。

そういう人にとって、心の拠り所は何だろう。

どこかに救いはあるのだろうか。

そんな時、私たちの足は自然に海に向く。

果てしない広がり。

規則的な波の音。

昔そこに住んでいた記憶が

安らかだった時代を思い出させてくれるからだろう。

何の悩みもなく、痛みもなく、

まだ魂しか持たなかった頃

海の揺りかごに包まれた

優しい時間を。

そして、いつかはそこに帰って行ける。

一つの海に繋がれたように。

私たちは、あの果てしない水の向こうで生まれ、

ほんの一時

この世を体験するに過ぎないのだ。

どんな詩人が
自分の書いた海で
泳ぐことができるというのだろう

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。