人は「時を見る」ことなどできない 

人は「時を見る」ことなどできない。見ることができるのは、「時計」なのである。

寺山修司の仮面画報

人は「それ」をどのように認識するのだろう?

たとえば、「愛」なら、ダイヤモンドやケリーバッグで感じるかもしれないし。

情熱的な恋文でそれを実感する人もあるかもしれない。

「名誉」なら、周囲の賞賛と媚びへつらい。

「友情」なら、入院中に見舞ってくれる友達。

それが誤解であれ、期待外れであれ、私達は、物質、肩書き、行為、言葉といった、形あるものを通して、形なき概念を「事実」として認識する。

いわば、認識とは99パーセントの真実と1パーセントの想像力であり、その1パーセントの受け止め方によって、単なる古時計も、『思い出の時計』になったり、『無価値なガラクタ』になったりするわけだ。

彼氏がプレゼントしてくれた時計を、「こんな安物、愛が足りないわ!」と怒り出す人もあるだろう。

この世に『同じ認識』は二つと無く、一本の薔薇も、見る人によって美しさは異なる。

薔薇、それ自体が美しいか否かより、受け取り側の感性によるところも大きい。

言い換えれば、事象は事象であって、それ自体は何の意味もなさない。

受け手の想像力によって、はじめて意味のある何かになる。

認識とは、知恵の入り口であり、理解の第一歩だ。

私たちが、私たち自身によって、唯一コントロールできるのは、薔薇の香りではなく、己の認識である。

[amazonjs asin=”4101430217″ locale=”JP” title=”両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫)”]

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。