他人の首に剃刀をあてられるのは、他人に信用されているから

床屋
おれが床屋になったのはなぜだと思うね。
[one-sixth-first style=”width:50px;font-weight:bold;”]南小路[/su_column]
毎日鏡をおおっぴらに見られるからですね
[/su_row]
床屋
いいや違う大違いだ
おれはな、いまの時勢みたいに人が信用できなくなってるときに、他人の首にじゃりじゃりっと剃刀をあてる仕事をしていられるのは、自分が他人に信用されているからだと思ってるのさ。な、そうだろう。誰だって仇の剃刀に自分の喉をあずけっこねえやな。

<中略>

おれは近頃ふっと思うんだがな。だんだんとこう時勢がわるくなってくると床屋がふえるんじゃないかと思ったりしてね。町中の男という男がみんな床屋になってしまったらどうだろうね、と。ぞっとすることがあるんだよ。
朝、店のあめん棒がくるくると廻り出す。無論町じゅうの全部の家の前でだ。客は一人もいない。男たちはめいめいに鏡に向かって自分の首を剃りはじめる。自分さえ信用出来なくなった奴は、ひょい、ずばりっ、だ。な、南小路。
信用ってことが何より大事な世の中じゃねえか

戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている (角川文庫)

床屋でも、歯医者でも、他人に刃物を向けられる時の、あの得もいわれぬ不安と違和感。

相手がその気になれば、こっちの命など一瞬で絶つことができる。

そんな意図はないと分かっていても、相手も人間、いつ何が起こるか分からないし、事故だってあり得る。

それとも、ゴルゴ13みたいに、常に体のどこかに小銃を隠すか?

信用がなければ、診察台にも上がれない……というのは、まったくその通り。

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。