寺山修司 宝石の詩

ガーネット

もしも 思い出をかためて
一つの石にすることが出来るならば
あの日二人で眺めた夕焼の空を
石にしてしまいたい と
女は手紙に書きました

その返事に 恋人が送ってよこしたのは
ガーネットの指輪でした

あかい小さなガーネットの指輪を 見つめていると
二人はいつでも
婚約した日のことを思い出すのです

ガブリエル・ロセッティ【最愛の人】

ダイヤモンド

木という字を一つ書きました

一本じゃかわいそうだから と思って

もう一本ならべると

林という字になりました

淋しいという字を じっと見ていると

二本の木が なぜ涙ぐんでいるのか よくわかる

ほんとに愛しはじめたときにだけ

淋しさが訪れるのです

猫と淑女

真珠

もしも あたしがおとなになって
けっこんして こどもをうむようになったら
お月さまをみて
ひとりでになみだをながすことも
なくなるだろう と
さかなの女の子はおもいました

だからこの大切ななみだを
海のみずとまじりあわないように
だいじにとっておきたい と
貝のなかにしまいました

そして さかなの女の子はおとなになって
そのことを忘れてしまいました

でも 真珠はいつまでも 貝のなかで
女の子がむかえにきてくれるのを
まっていたのです

さかなの女の子 それは だれだ?

真珠 waterbaby

寺山修司のおすすめ本

 寺山修司少女詩集 (角川文庫) (文庫)
 著者  寺山 修司
 定価  ¥ 691
 中古 36点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 4.1 (13 件のカスタマーレビュー)

鬼才・寺山修司の優しい一面が結晶した新感覚の詩集。
「少女」と銘打ってはあるが、世代や性別を超えて人を惹きつけるロマンティシズムにあふれている。
まさに「詩人の溜め息」と言うにふさわしい、美しくも儚さを感じさせる傑作。

 ポケットに名言を (角川文庫) (文庫)
 著者  寺山 修司
 定価  ¥ 432
 中古 123点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 3.5 (31 件のカスタマーレビュー)

文学・音楽・歌謡曲など、寺山の心を打った名言や名台詞をピックアップ。
説教くさい、堅苦しいものでなく、人の心の淋しさや人生の奥深さを謳った言葉が集められている。
手軽に読める一冊。

[amazonjs asin=”4054002641″ locale=”JP” title=”寺山修司から高校生へ―時速100キロの人生相談”]

まさに「芸術的回答」としか言いようのない寺山の人生相談集。
友情、恋愛、社会、身の回りのことなど、高校生のたわいもない質問に寺山が独自の感性と人生観をもって答える。
その大人の機知に富んだ回答には唸らされるばかり。必読のオススメ本です。
詳しくは、寺山修司の人生相談をご参照下さい。

QUOTE CARD

  • どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。 その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。 誰でも犠牲は怖い。  自分だけ馬鹿正直をして、損したくない気持ちは皆同じだ。  だが、その結果、一番側で見ている子供はどうなるか、いわずもがなだろう。  言行の伴わない親を持つほど不幸なことはない。  たとえ現世で馬鹿正直と言われても、本物の勇気、本物の優しさ、本物の気高さを間近に見ることができた子供は幸いである。 どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。...
  • 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを「創造的な生き方」と言います。 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。...
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。