思い出をかためて 一つの石にすることが出来るなら 『ガーネット』

もしも
思い出をかためて
一つの石にすることが出来るならば
あの日
二人で眺めた夕焼の色を
石にしてしまいたい

女は手紙に書きました

その返事に
恋人が送ってよこしたのは
ガーネットの指輪でした

あかい小さなガーネットの指輪を見つめていると
二人はいつでも
婚約した日のことを思い出すのです

寺山修司少女詩集 (角川文庫)

古今東西、数ある恋の詩の中でも、ベスト3に入る名作。

解説するだけ野暮なので、この詩に関しては、”言葉どおり”という他ない。

そして、そういう作品が、本当の名作ではないだろうか。

この詩に登場するような感性の持ち主を彼氏にすると、女性は幸せになれますよ、皆さん。。

 寺山修司少女詩集 (角川文庫) (文庫)
 著者  寺山 修司
 定価  ¥ 691
 中古 24点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 4.0 (12 件のカスタマーレビュー)

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。