海の詩

1/2ページ
海に関する想いを綴っています

人間の存在理由と深海の生き物 意味や役割があるから愛されるわけじゃない

潜水艇の耐圧殻から深海調査の実況に挑むヴァルターは、実況に耳を傾ける子供たちに深海のダイナミックな地形や世界観を語り、生きることに懐疑的なゾーイに理由などなくても生きることの尊さを説く。八代海の謎の海丘群やプチスポット火山の話題、実際の深海調査の模様を動画と画像で紹介します。

深海に眠る鉱物を探せ 海洋調査のオファーと資源探査の社会的意義

ウェストフィリア島と近海に眠る鉱物資源を探査する為、開発公社の命を受けてオリアナが深海調査のオファーに訪れる。鉱山会社ファルコン・マイニング社が出資する組織だけにヴァルターも調査の意義に懐疑的だ。一方、ウェストフィリア探鉱がもたらす利益と潜水艇の新米パイロットがおかれた立場を思い、ヴァルターはオファーを引き受ける。

ウミガメの産卵 ~見守るしかない親の愛と子供の人生

満月の美しい夜、ヴァルターは、ひたすら海を目指すウミガメの赤ちゃんの話をリズに語って聞かせ、子どもに何かあっても、ただ見守るしかない親の愛を自身の死んだ父親になぞらえる。神秘的なウミガメの産卵の動画や写真を紹介しています。

想像力で深海に潜る ~有人潜水艇の耐圧殻で夢見る生命の世界

有人潜水艇プロテウスの格納庫を訪れたリズはパイロットのヴァルターと鉢合わせ、深海調査の仕事について聞くうち「私も乗ってみたい」と打ち明ける。ヴァルターはリズを潜水艇の耐圧殻に誘い、「想像力で潜るんだよ」と夢の中で深海の様子を語って聞かせる。深海の不思議な地形や生物の動画も紹介。

生命の始まりは微生物 産業開発と海の宇宙的価値

海中技術に長けた人材を得る為にアル・マクダエルは潜水艇のパイロットであるヴァルターに会うが、彼の態度は好戦的で、海底鉱物資源の採掘を試みるアルの言説にことごとく反発する。海洋開発について「たかが微生物」というアルに対し、ヴァルターは海の宇宙的価値で反論する。

海が好きというよりは、海に込められた思い出がいとおしいのだ

海が好き──というよりは、海に込められた思い出がいとおしいのだ。 子どもの頃、はしゃぎ回ったあの海は、眩いほどの青色をしていた。 遠い故郷に帰って来たような懐かしい気持ちになる。 たった一言を書くために、何千枚もの原稿を綴ることがある。 思い起こしてみると、本当に書きたいことは、いつも『たった一言』 […]

そして今年も暮れゆく 生まれ変わる朝と感謝を込めて

そして今年も暮れゆく・・ 何かあったような気もするけど 何があったのか 今はもう、よく思い出せない。 それだけ過去が遠ざかるのが早い。 一瞬、目の前が暗くなって 夜より深い闇を体験することもあるけれど 目覚めた後は、いつも前より眩しい光の中にいる。 だけど不思議と答えが分かるのは あの闇の最中なのだ […]

存在理由と深海の生き物

なぜ 人間だけが 自分は無意味などと思うのだろう 深い海の底を覗けば 何のために生きているのか分からないような 生物がごまんといる 誰に知られることなく 息づいているような生き物が その一つ一つが 何のために生きているのかと疑いだせば 生命(いのち)なんて この世からすべて死に絶えてしまうだろう 噴 […]

海を想う人の心が美しいのだ

海岸に打ち付ける波の一つ一つにも生命の営みがある。 波は微生物や細かな堆積物を運び、海岸の地形や地質を少しずつ変えてゆく。 それは時に人間社会に不便をもたらすが、こうした変化があればこそ、自然のシステムは生き続けることができる。たとえ生きて行く為に漁が必要だとしても、乱獲は巡り巡って人間そのものを滅 […]

Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }