海中技術

1/2ページ
水中技術や海洋工学に関する話題です。主に洋上プラットフォーム、有人潜水艇、水中無人機。

海洋小説『曙光 MORGENROOD』タイトル一覧と作品詳細

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。PDFの無料サンプルも配布中。

子供の知的好奇心と勇気が海洋科学の礎 ~潜水艇と子供の見学

仕事が暗礁に乗り上げたヴァルターは気分転換に潜水艇プロテウスの格納庫に赴く。そこには深海調査の実況で興味をもった小学生が見学に訪れていた。子供が苦手なヴァルターは渋々説明を始めるが、好奇心に目を輝かせる子供達と接するうち、海洋社会の未来に思いを馳せるようになる。JAMSTECのキッズコーナーと併せて。

潜水艇パイロットの矜持 一生誇りに思えるように ~初めての深海調査

ウェストフィリア近海の海底鉱物資源に執着するロバート・ファーラー社長は自らが出資する開発公社を使ってメテオラ海丘の深海調査を指示する。お粗末なデータを前にヴァルターは有人潜航は時期尚早と疑問を呈するが、ファーラーの代理人であるオリアナは聞き入れない。初めての潜航を前に、不安に青ざめる新米パイロットにヴァルターはパイロットの矜持を説く。

無人機による水中作業 集鉱機と揚鉱管の接続とストレインセンサーの取り付け

水深3000メートルの海底から稀少金属ニムロディウムを含む海台クラストを採掘する為の採鉱システムの接続作業が始まった。ヴァルターは潜水艇プロテウスから小型無人機をランチャーし、高電圧リアクター、揚鉱管、集鉱機を繋いでいく。実際のROVによる水中作業の模様などを動画で紹介しています。

深海 ~ムーンプールに広がるもう一つの宇宙

洋上施設に設けられた作業用の開口部はムーンプールと呼ばれ、海面に直結している。その向こうに広がる深海はさながらもう一つの宇宙であり、惑星のダイナミックな息づかいに満ち満ちている。採鉱システムの接続作業を前に、ヴァルターとリズはムーンプールを訪れ、海の秘めたエネルギーについて語り合う。

一つの人生に、一つの目的 人はみな深海に眠る鉱物資源  

採鉱システムの接続ミッションを完遂して、プラットフォームは歓喜するが、念願の本採鉱を達成したというのにアルの表情は冴えない。なぜなら海底鉱物資源の採掘は世界の構図を変えるほどのインパクトを持つからだ。アルは預言者エレミヤのように未来を憂いながらも、人生に目的をもつ尊さと、人はみな深海に眠る鉱物資源のように可能性に満ちていることを説く。

水中無人機の調整と訓練 ~もし潜水艇の事故が起きたら ~実験プールにて~

海底鉱物資源の採鉱システムの接続ミッションに向けて、ヴァルターは水中無人機の調整に立ち会う。そこに潜水艇のパートナーを務める大学生のエイドリアンが訪れ、耐圧殻で操作の手順を確認しながら、「潜水艇が事故にあったらどうなるか」という話を持ち出す。実際の水中無人機のオペレーションの様子を動画と写真で紹介。

有人潜水艇と深海調査 パイロットの矜持 ~新しい仕事は慌てず、騒がず

有人潜水艇のパイロットとして、海底鉱物資源の採鉱システムの接続ミッションに参加する意思を固めたヴァルターだが、作業の内容を知って激昂。深海調査と思っていたら、高電圧リアクターや揚鉱管を繋ぐ水中作業がメインだった。動揺するヴァルターにプロジェクトチームのサブリーダーが仕事の心得を説く。

鉱業の歴史を変える海底鉱物資源の採鉱プラットフォーム

初めて洋上の採鉱プラットフォームを訪れたヴァルターはその威容と機能に圧倒される。水深3000メートルの海底下から海底鉱物資源を採掘するにあたってポイントになったのはコンピュターシミュレーションの技術だった。会社ごと買収したアル・マクダエルは先行者利益について語る。

一つ一つの航海が心の糧 ~潜水艇の準備・未来を繋ぐ為に

採鉱システムの揚鉱管、高電圧リアクター、集鉱機を繋ぐミッションが迫る中、格納庫では潜水艇プロテウスの潜航準備に忙しい。ヴァルターは長年親しんだ船体を見上げながら、一つ一つの航海が心の旅路だったことを思う。石油リグや無人機オペレーションの動画を紹介しています。

Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }