TAG

カラマーゾフの兄弟

ガッデム! 料亭『みやこ』-カラマーゾフの迷宮-

先行き不透明な時代に、人生を懸けて、人類救済の処方箋を書いた作家は三人いる。 私の中では、ニーチェ、マルクス、ドストエフスキー。 突き詰めれば、いかに生き、いかに変革するか、という話なのだけど、それでも時代背景や文化が違うと読み解くのも一苦労だし、すぐには共感しえない部分もある。「いわば賃上げ交渉み […]

江川卓 イワン&アリョーシャと楽しむ『カラマーゾフのロシアンティー(さくらんぼのジャム)』

難解で知られるドストエフスキーの名作を分かりやすく解説するロシア文学者・江川卓氏の名著。イワンとアリョーシャが大審問官について語り合う料亭に登場する桜んぼのジャムを、実際にロシアで食して感激したという、江川先生のエピソードからロシアンティーを制作。該当箇所の抜粋とオタクフードに関するコラム。

育児放棄された三兄弟の行く末 『カラマーゾフの兄弟』随想 (3)

彼らは既に父親に殺された息子たちであり、その代わりとなるものを修道に見出したアリョーシャを除いては、いずれも父=神不在の人間である。現実に生じる父親殺しの種をまいたのは、他ならぬ父親自身であり、ドミートリィもイワンも育児放棄された時点で正道から見放されたといえなくもない。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG