フランスの詩

フランスの美しい詩を紹介。

饗庭孝男『フランス 四季と愛の詩』 詩と写真で感じる大人の絵本

フランス文学の評論で著名な饗庭孝男氏の名著(絶版)から「恋する女の存在の不安は、たえず相矛盾する極から極へ移ることから生じる。愛は生から死へ、歓喜から涙へ、苦しみから安らぎへ、至福から絶望へと絶えず詩人を揺り動かし、片時も休むことがない」等の抜粋と、フランス語の原文とフランスの美しい風景写真から構成される本の一部を写真付きで紹介。

アルトゥール・ランボーの詩 / サントリーCM映像 / 映画『太陽と月に背いて』

もう一度 探し出したぞ。何を? 永遠を。それは、太陽と番った 海だ。待ち受けている魂よ、 一緒につぶやこうよ、空しい夜と烈火の昼の 切ない思いを。フランスの天才詩人ランボーの傑作と、ランボー&ポール・ヴェルレーヌの男色スキャンダルをテーマにした映画『太陽と月に背いて』の魅力を語る。

フランス ~恋の詩~

夜のパリ 三本のマッチ 一本ずつ擦る 夜の中で はじめのは きみの顔を隈なく見るため つぎのは きみの目を見るため 最後のは きみのくちびるを見るため 残りのくらやみは 今のすべてを想い出すため きみを抱きしめながら – ジャック・プレヴェール – 階段を半分降りたところ 階 […]

恋の詩 ヴェルレーヌ、アンデルセン、プレヴェール etc

庭 限りなく年を重ねても 言いつくせないだろう あの永遠のわずかな一瞬 きみが私に口づけし 私がきみに口づけをした時のことを 冬の光をあびた朝 パリのモンスリ公園で パリで 星の地球の上で – ジャック・プレヴェール – NEVERMORE 彼女と私は二人きりで、 夢見ながら […]

Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }