技術と産業

1/3ページ

今異議を唱えるか、永久に口をつぐむか ~苗木の死は森の死

アステリアの未来を占うペネロペ湾開発のアイデアコンペで下馬評通り海のヴェニスと謳われるメイヤーの海上都市『パラディオン』が一位に選出される。だがその公共性に懐疑的なヴァルターは質疑応答で異議を唱え、自身が考案する干拓型の海洋都市『リング』を対案としてぶつける。

どこに作り手の心があるかはデザインを見れば分かる

世界的建築家フランシス・メイヤーは海のヴェニスと称えられる壮麗な円環の海上都市『パラディオン』のメリットを強調するが、エヴァは「どこに作り手の心があるかはデザインを見れば分かる」と懐疑的だ。世界のワーストビルディング動画と併せて。

生きる海は一つ 対立を超えて共存共栄の未来へ ~優遇される新興勢力と取り残される既存社会

導き手を失ったアステリアでは今後の海洋開発をめぐって意見交換会が開かれるが、優遇される新興勢力と忘れ去られる既存社会の間で激しい対立が起きる。平和を願うリズは論争を収めようとするが、議論はエスカレートするばかり。そこでヴァルターが助け船を出し、共存共栄を強く訴えかける。

庶民を顧みない開発会議と政治の現実 ~社会の分断と公人の無関心

社会の分断 世界平和の掛け声とは裏腹に、これから世界はますます分断し、相容れない階層 VS 階層の闘いになっていくだろうと思います。 人種や民族間の対立もそうですが、さらにその中で上流・中流・下流と分かれ、縦横に細分化していくのが未来の姿であろうと。 ある意味、上流・中流・下流の階層間争いの方が、人 […]

デザイナーの心 意匠と形 ~社会への思いやりが都市設計の基盤となる

指導者を失い、政治も混沌とする中、ヴァルターは自身の海洋都市『リング』のアイデアの是非を問う為、アンビルトアーキテクトの先鋭を訪れ、肝心なのはデザインに現れる心のフレームワークだと助言を受ける。都市をデザインすることの意味を考える中、多くの住民が暮らす水上ハウスの問題に気付く。

子供の知的好奇心と勇気が海洋科学の礎 ~潜水艇と子供の見学

仕事が暗礁に乗り上げたヴァルターは気分転換に潜水艇プロテウスの格納庫に赴く。そこには深海調査の実況で興味をもった小学生が見学に訪れていた。子供が苦手なヴァルターは渋々説明を始めるが、好奇心に目を輝かせる子供達と接するうち、海洋社会の未来に思いを馳せるようになる。JAMSTECのキッズコーナーと併せて。

生命は道を探し出す スピルバーグの映画『ジュラシック・パーク』

化石に閉じ込められた蚊の胎内から恐竜の血液を採取し、現存する爬虫類のDNAと掛け合わせて、恐竜を現代に蘇らせる。夢のテーマパークはコンピュータシステムで完全管理され、安全に見物できるはずだった。だが巨利に目がくらんだ職員が恐竜のDNAを持ち出そうとしたことから、システムに綻びが生じ、恐竜たちが暴走しはじめる。

一般人にも分かりやすい海の情報の玄関口 オーシャン・ポータルを作る

海洋情報ネットワークの構築に向けて基金設立に話が進むが、プロトタイプ構築には高額の予算が必要なこともあり、本当に社会に機能するのか現場は懐疑的だ。それでもリズは一般人の関心を高める為の情報サービスは必要と強調し、ヴァルターは海の情報の玄関口『オーシャン・ポータル』を提案する。

数十年もすれば老朽化して、地元のお荷物になるような商業施設に巨額の予算を投じるよりも

急ピッチで湾岸開発の進むペネロペ湾では既に世界的な建築家フランシス・メイヤーと大手建設会社ロイヤルボーデン社が足がかりを作り、『海上のヴェニス』と称される円環の海上都市の建設計画を推し進めていた。再びメイヤーと対峙したヴァルターはわだかまりを水に長そうとするが、故郷の再建計画をめぐって再び恨みが再燃する。

生物冶金と新技術の意義 世界に可能性を知らしめる

採鉱プラットフォームでは海台クラストの本採鉱が始まり、海洋由来の安価で良質なニムロディウムが市場に出回れば技術のみならず政治経済にも大きな影響をもたらすのは必至だ。製錬工場で技術やコストの問題を聞かされたリズは懸念するが、採鉱事業の目的が莫大な利益をあげることではなく、世界に可能性を知らしめるのが目的だと納得する。

1 2 3
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }