二度敗れた人に忠告する。三度目に火を求めぬように。『虱と農夫』イソップ寓話集

二度敗れた人に忠告する。三度目に火を求めぬように。『虱と農夫』イソップ寓話集

農夫が畠を耕していると、虱がこっそり咬みついた。
二度までは耕作を止めてシャツの掃除をしたが、またも咬まれるので、再々仕事の手を止めなくてもよいように、シャツを火にくべた。
私も二度敗れた人に忠告する。三度目に火を求めぬように、と。

イソップ寓話集(岩波文庫)

一般に、成功するまで頑張るチャレンジ精神は美徳とされるけれども、一方で、引き際を見極める知恵と潔さも必要で、盲目的に追い求めれば、最後には己の執心で身を滅ぼす、という喩え。

難しいのは、成功することより、「ここまで」とラインを引くことで、もう少し頑張れば成功を掴める……というぐらいのポジションが、一番危ない。

それでもしぶとく頑張るか、三度目の火は求めぬと潔く撤退するか、それこそ人それぞれだけど、本当に痛いのは、失敗することか、悔いを残すことか、どちらか自分に問いかけてみるといい。

悔いこそ恐れるならば、我が身を滅ぼす覚悟でやればいいし、失敗が怖いなら、そこまで目指すのは止めればいい。

いずれにせよ、その引き際は誰にも教えてもらえないので、自分で決断するしかない。

が、あえて言うなら、もうさんざんに痛い目に遭っているなら、三度目の火は求めぬ方が利口だし、二度頑張って達成できないものは、三度目も同じ結果だと思う。

もし、三度目が上手く行くとするなら、それは今までとは全く異なる方策をとった時だ。

同じ角度、同じ場所を狙い続けても、農夫に潰されるだけで、決して上手く行くことはない。

あるいは、成功というのは、能力の問題ではなく、タイミングと方法が決めるのではないだろうか。

 イソップ寓話集 (岩波文庫) (文庫)
 著者  イソップ
 定価  ¥ 1,102
 中古 32点 & 新品  ¥ 18 から
 5つ星のうち 4.3 (25 件のカスタマーレビュー)

 
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }