ウェディング ダンス

Shall we ダンス? 一度、あなたと踊ってみたい ~ルイ16世の切ない願い

※ 『ベルサイユのばら』 第五巻 ルイ16世とダンスに関するコラムです。

Shall we ダンス?~一度、あなたと踊ってみたい~

ポーランドの結婚式は、私にとって決して甘美なものではありませんでした。
なぜかと言えば、ポーランドの披露宴は一晩中続く上(地域によっては三日三晩ぶっ通し)、新郎新婦の愛のダンスを披露しなければならないからです。

タカラジェンヌじゃあるまいし、「ダンスを踊れ」と言われても、そう簡単に踊れるものではございません。式の前夜、ダンスが得意な知人夫婦に教えを乞いましたけど、いざダンスが始まってみると、ドレスの裾は踏むわ、ハイヒールは脱げそうになるわで、私も夫も穴があったら入りたい心境でした。
記念のビデオには、相撲のがぶり寄りのようなダンスの映像が残っていて、今思い出しても恥ずかしい出来事の一つです。

しかも花嫁は、男性の招待客に誘われたら必ずお相手をするのが礼儀で、席でゆっくり休んでいる暇もありません。次から次にダンスのお相手をして、午前4時に最後の招待客が帰った時には疲れで朦朧とし、ドレス姿のままホテルのベッドに倒れ込んだものです。

夫曰く、「招待客は、ダンスぐらいしか花嫁に触れるチャンスがないからね。それに花嫁をダンスに誘うのも、男性の礼儀なんだよ」。

つまり、女性をダンスに誘うのは、相手の魅力を讃えてのこと。女性がお年寄りだろうが、好みの女性じゃなかろうが、声もかけずに放っておくのは騎士道に反することなんですね。

ちなみにポーランドでは、ダンスを申し込む時にはちゃんと腰をかがめ、手の甲にキスをして、「一曲、お相手を」と誘います。これは一朝一夕には身につかない身のこなしで、どんなに若くてハンサムな男性でも、こればっかりは簡単に真似できるものではなさそうです。

ポーランドでは、新年や祝賀パーティーなど、何かの催しには必ずといっていいほどダンスが踊られます。お年を召した方でも、それはそれは皆さんお上手で、「ほうっ」と見惚れてしまうほど。とりわけ、結婚して何十年も経つ高齢のご夫婦のダンスは、共に重ねた年月がにじみ出すようで、本当に美しく感じます。

「ベルばら」では、オスカルもマリー・アントワネットもダンスの名手でしたが、そんな華やかさとは無縁の男性が一名おりました。それはルイ16世陛下。妻マリーを誰よりも愛しながら、冴えない自分に強いコンプレックスをもち、ダンスを申し込むことさえ出来なかった、内気で控えめな男性です。

「ダンスぐらい誘えばいいのに」――若い女性はそう思うかもしれません。でもコンプレックスを抱えた男性の心理は、女性が思い描いている以上に複雑でデリケート。なけなしの勇気を奮い立たせて声をかけても、冷たくあしらわれたり、鼻先で嗤われたりしたら、もう二度と立ち直れないぐらい落ち込み、傷つき、恐怖してしまうのです。

陛下だって、愛する妻とロマンチックに踊ってみたかったでしょう。他の男性のように、彼女の魅力を崇め、賛美し、その愛を思いきり伝えたかったに違いありません。

でも怖かったのでしょうね。「自分なんか」という劣等感が歯止めをかけて、遠くから見つめているのが精一杯でした。

マリーだって、心底陛下のことを嫌っていたわけではなく、自ら勇気をもって誘えば、きっと応えてくれたでしょうに、陛下にはあまりに眩しい存在だったのかもしれません。

ダンスというのは、単に踊りを楽しむだけではなく、男性が女性に歩み寄る一つのきっかけでもあります。憧れの女性にいきなり話しかけることはできなくても、「一曲、踊って頂けますか」というダンスの申し込みなら、会話のきっかけになりますものね。

「ベルばらKids」では大活躍のルイ16陛下。せめて夢の中では、最愛の妻マリー・アントワネットとロマンチックに踊る場面を見せてあげたいなあと思うのです。

ベルサイユのばら 第5巻より

「ルイ・シャルル王子はフェルゼンの子供」という噂がルイ16世の耳にも届くと、マリー・アントワネットは、「お信じくださいませ! ちかってルイ・シャルルは国王陛下の御子でございます!」と涙ながらに訴える。
不貞といえば不貞だが、ルイ16世は妻を不憫に思い、厳しく咎めることはなかった。

大人になると、ルイ16世の良さが分かるようになるよ。

少女 → アンドレ、30代 → フェルゼン、40過ぎたらルイ16世、みたいな。

女性も結婚すれば分かる。ルイ16世はいい旦那さんです。

ベルサイユのばら ルイ16世 マリー・アントワネット

ベルサイユのばら ルイ16世 マリー・アントワネット

ベルサイユのばら (5) (マーガレット・コミックス (131))

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載した原稿のリライトです。

『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

 

ポーランドの結婚式とウェディングダンス

いわゆる『First Dance』と呼ばれるものです。ポーランドに限らず、欧米では、新郎新婦のダンスを採り入れているウェディングが大半だと想います。
しかし、こんなの真顔でできないですよ。周防監督の『Shall We ダンス?』の世界が私の感覚。

ちなみに、披露宴で生バンドを雇うのも普通。ウェディング専門のバンド業も盛んで、人気バンドになると、予約も数ヶ月待ちとか。

また、バンドの規模で、家の格も決まる(?)ところがあって、3人から10人以上まで様々です。

こちらはインド人男性とポーランド女性の結婚式の模様。トラディショナルに、花嫁は自宅で着付けをし、両親やきょうだい・知人と挨拶を交わして、ウェディング会場に向かいます。結婚式場で準備するのは日本ぐらい。昔は日本も自宅で準備をしていたのでしょうが、すっかり産業化しました。

しかし、ポーランドのウェディングのどんちゃんは、Kayahのビデオに象徴されるような感じです。みなウェディング・ウォッカの飲み過ぎで、翌日は二日酔い、という……。こちらは披露宴で必ずといっていいほど演奏される大ヒット曲の『Prawy do lewego』。

踊って踊って踊りまくります(一晩中)。
一曲終わって、席に着く度に、次の人がダンスの申し込みにやって来るので、座ってるヒマがありません。
でも、それが女性(花嫁)に対するマナーだそうです。花嫁にダンスも申し込まずに放っておくのは騎士道に反する、と。
花嫁は雛壇に座って、食事も小鳥ほどにしか口にしないのが常識……というのとは随分違います。

結婚式 ポーランド

結婚式 ポーランド

日本人の私にはやっぱコレですよ。周防正行監督の『Shall we ダンス? 』。これは本当にいい映画でした。

真面目な中年サラリーマンがふと人生の空虚を感じて、ダンス教室の美人教師に憧れ、社交ダンス教室に通う物語です。
竹中直人のラテン系、渡辺えり子のムンムンとしたおばさんダンス、ちょろっと登場する森山周一郎(舞ちゃんのお父さん)がものすごい存在感で、誰もが愉しめるコメディドラマ。個人的には、グループレッスンを担当する「たまこ先生」(草村礼子)さんの大ファンです。かなり年配なのですが、足さばきが非常に綺麗で、見惚れてしまいます。

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG