みつばちマーヤ

マリー・アントワネットの子守歌 ~海を越えた「みつばちマーヤ」

※ 『ベルサイユのばら』 第三巻 マリー・アントワネットとプチ・トリアノンに関するコラムです。

みつばちマーヤ」というアニメをご存知でしょうか。

この作品は、ドイツの児童文学作家ワルデマル・ボンゼルスの原作を、日本のアニメ制作会社がアニメ化し、1975年から76年にかけてテレビ放送されていたもので、後にドイツでも放送され、大変な人気を博したそうです。

そして、この「マーヤ」は、私の夫が子供の頃から「Pszczółka Maja(プシチュウカ マヤ)」というタイトルでポーランドでも放送され、今なお代表的な子供番組として根強い人気を誇っています。主題歌は日本のものとは違い、ポーランド語のオリジナル・ソングが流れるのですが、これも母から子へと世代を超えて歌い継がれており、今やポーランドで知らない人はないほどです。

ある時、「日本のアニメは流石やねえ。これほど国際的に愛されるんだもの」とつぶやいたら、周りの人に「何を言っているんだ、マーヤはポーランドのアニメだよ!」と反論されたのには驚きました。みんな、「みつばちマーヤ」はポーランドの国営放送TVP局が制作したオリジナル・アニメだと信じて疑わないのです。

私が「これは1970年代に日本で放送されていた、日本のアニメ会社による作品なの。ポーランドのテレビ局が、日本かドイツから輸入したんだよ」と何回力説しても、誰も信じてくれません。挙げ句の果て「日本がポーランドの作品をパクった」とか言われたり……。

それもそのはず、ポーランドで放送されている「マーヤ」のエンドクレジットには、ポーランド人スタッフの名前が連なり、日本の制作者の名前はいっさい出てきません。

たとえば、イタリアから輸入されて、ポーランド語のナレーションで放送されている『ヤッターマン』(1970年代に放送されていたタイムボカン・シリーズの第二作目)には、制作者である「タツノコプロ」の名前が、日本の戦隊シリーズに刺激されてアメリカでも制作されるようになった『パワーレンジャー』のポーランド語版には、共同制作者である「東映」の名前が、エンドクレジットにちゃんと明記されているのに、なぜか「マーヤ」だけは、日本の「に」の字も出てこないのです。

これは一体どういうことだろうと思い、マーヤを制作した日本アニメーションに問い合わせのメールを書こうとしたのですが、なぜかメールフォームから送信できなくて、今に至っています。いつかまたコンタクトを取ってみたいのですが……。

ともあれ、「みつばちマーヤ」は、ポーランドの伝統的アニメ番組として今も繰り返し放送され、主題歌はお母さんの子守歌として歌い継がれ、すっかりポーランド文化の一部と化しています。

私としては、ポーランド人に「これは日本のアニメだ」という事を知って欲しいのですけど、「『みつばちマーヤ』はポーランドの誇るアニメ番組である」と信じている人が多いことを想うと、夢を壊すようで強く言い切れません。

「ベルばら」では、娘マリー・テレーズに歌を歌って聞かせていたマリー・アントワネットが、一般の謁見のために席を立つと、「ママン・レーヌ、いっちゃいや! もうしゅこし、お歌うたってちょうだい」と泣いてすがられ、後ろ髪を引かれる思いで、娘を置いて行く場面があります。

マリーが歌うだけでなく、自ら作詞作曲も手がけるような音楽好きな女性だったことは、近年、これらの楽譜が見つかり、池田理代子先生が『ヴェルサイユの調べ ~マリー・アントワネットが書いた12の歌』としてCDに録音されたことからも明らかです。その中には、『A MA FILLE (娘に)』という楽曲もあり、マリーが子供達にどんな風に歌って聞かせたのか、伝わってくるようですね。

今みたいに、ビデオやCD、音の出る電子玩具なんて無い時代ですから、母親が歌ってくれる歌は、子供たちにとってこの上なく優しい響きであり、美しい思い出だったろうと思います。
日本の育児書などでは「最近の母親は子守歌を歌わない」と指摘されていますが、少なくとも、ポーランドのお母さんたちは「みつばちマーヤ」を歌っていますし、その子供たちも母親になったら「みつばちマーヤ」を歌って聞かせるのでしょう。

日本ではほとんど忘れ去られたような「みつばちマーヤ」の唄が、ポーランドで歌い継がれていくというのも不思議な話です。

ベルサイユのばら 第3巻より

この場面だけ見ると、マリー・アントワネットというのは、とことん無責任で享楽好きなイメージがありますが、一度、オーストリアを訪れると分かります。
フランスとは、景色も、空気も、あまりに違うということ。アルプス山脈が国土の62%を占める世界屈指の山岳国であり、車で走行したら、山道だらけで、非常にハードな箇所が多いです。言い換えれば、それだけ緑豊かで、のんびりしているということ。マリア・テレジアのお膝元とは思えないほど、田舎っぽいところが多いです。こんな緑の多い、のんびりした所で育ったら、パリやベルサイユの空気とは合わないような気がします。

ベルサイユのばら マリー・アントワネット プチ・トリアノン

しかし、大人になって、いろんな事を鑑みれば、「王妃の浪費」も政治プロパガンダ的なものがあったのでしょうね。
事実にしても、誇張されて伝えられるというか、こちら側だって、王室がベルサイユ宮でどんな暮らしをしているのか、確かなことは分からないのですから。
今風に言えば、「○○大統領夫人がFacebookで××を自慢していた。社会常識の欠如。許せない」みたいな感じでしょうか。
いつの時代も大衆操作の生け贄は不可欠という気がします。

ベルサイユのばら マリー・アントワネット プチ・トリアノン

ベルサイユのばら (3) (マーガレット・コミックス (116))

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載した原稿のリライトです。

『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

 

ポーランドと日本の『みつばちマーヤ』主題歌

ポーランドで今も放送されている『Pszczółka Maja(みつばちマーヤ)』。
近年、CG版が登場しましたが、2000年半ばまでは古いバージョンがTVで放映していました。
多くのポーランド人にとって心の歌ですよね。日本人にとっての『どらえもん』のOPみたいな。

こちらが私も見ていた日本の『みつばちマーヤ』。絵柄の向きが逆なんです。

マリー・アントワネットの歌曲

YouTubeで一つだけ見つけました。マリーらしい愛らしい曲です。

ルイ・シャルルの運命

こちらの本にも書いていますが、両親(ルイ16世とマリー・アントワネット)と共にタンプル塔に幽閉されたルイ・シャルル王子は、革命派の手によって家族から切り離され、精神的にも肉体的にも迫害を受けながら、非業の最期を遂げます。著書いわく、狭い塔内に閉じ込められ、白痴のような状態だったとか。今から考えれば著しい人権侵害ですね。
最終的には現存する「心臓とされるもの」がDNA鑑定でルイ・シャルル自身のものと判明し、2004年に両親と同じ墓所に埋葬されています。

↓ この本、クラクフの宿屋で無くしたんですよ!! もう一度、買い直したい一冊。すごく良かったです。

 マリー・アントワネットと悲運の王子 (講談社プラスアルファ文庫) (文庫)
 著者  川島 ルミ子
 定価  ¥ 1
 中古 19点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 5.0 (8 件のカスタマーレビュー)

惨い仕打ちを受けていたことを伝えるショートビデオ。

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG