優しさとは見えない気持ち

淋しくないのか、留守を任せられる友達はないのか、いろいろ聞いてみたいが、それも憚られる。
心の奥深くに立ち入ろうとすれば、この人はたちまち口を閉ざして、彼女のことも遠ざけるにちがいない。
曙光 MORGENROOD

ヴァルターとリズがサフィールの庭園で逢瀬し、互いのことを話す場面で使用。

家をなくしたヴァルターのささやかな夢は「クラゲを飼うこと」だが、年中、海に出る為、生き物を飼うことはできない。

その理由を知ったリズは、彼の置かれた孤独な境遇を察し、上記のように思いやる。

他人の言動に、「どうして、どうして」「なんで、こうしないの」と無遠慮に踏み込むのは一番相手を傷つける。

何でも理由を聞き出せばいい。

困っていれば、アドバイスすればいい、というものではない。

幸せを掴む、賢い女の子は、相手の心情を汲み取って、たとえ自分の意思や興味に反しても、そっと気持ちを抑えるのが得意。

*
優しさとは「あれをしてあげる」「これをしてあげる」という目に見える親切ではなく、心の中で相手の気持ちをそっと慮ること。

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。