時間のある人はやりたい事をやろう

時間のある人は、その時間を思い切り使って、やりたい事をやればいい。

やりたい事があっても、仕事や介護で時間が取れず、やれない人が聞いたら、地団駄踏んで悔しがる。

その人たちの為にも、やりたい事をやった方がいい。

一分一秒たりと、時間を粗末にすべきでない。

贅沢なことだろうか。

もし、金持ちが貧乏人に遠慮して、お金を使わなかったら、余計で経済が回らなくなる。

時間も同じ。

やりたい事をやる時間のある人が、やれない人に遠慮して何もしなかったら、世界も何も変わらない。

マンガを描くなり、面白いことをつぶやくなり、少しでも何かが還元すれば、やった甲斐があるのではないかと。

だから、一時間でも、自由にできる時間があるなら、やりたい事を思い切りやった方がいい。

時間を無駄にすることは、おおげさでなく、全人類に対する罪。

自分自身に対する最大の裏切り。

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。