いろいろ迷うぐらい、好きなんだよ ~それは彼にとって最上の誠実なのだろうけど

「あなたが好きなの。初めて会った時からずっと……自分でもどうしようもないくらいに」
 彼は、ついに言われた──と思い、リズもとうとう言ってしまった──と感じた。

「……知ってたよ。最後まで気付かない振りをしようと思ってた。だけど君を見ていると、どうやらそれは無理みたいだ。──ミス・マクダエル、俺も君が好きだよ。今まで出会ったどんな人よりも心惹かれてる。でも、君の気持ちを受け入れるには、少々、勇気が要る。運命の女神に愛されることは決して楽じゃないんだよ」

「それは私が『アル・マクダエルの娘』だから──?」

 彼はしばらく答えを躊躇ったが、小さく「そうだ」とつぶやいた。

「『アル・マクダエルの娘』って、いったい何なの? 私はエリザベス・ベアトリクス・マクダエルよ。普通の、一人の人間よ。 『アル・マクダエルの娘』が何だというの? それほどに重要なことなの? もし『アル・マクダエルの娘』というだけで愛されないのなら、私はもう生きてなんかいたくない。この場で死んでしまった方がましよ。私は『私』なのよ、どうしてあなたまでそんな事を言うの?」

*

「じゃあ、また逆戻りね。……私、本当を言うと、ずっと独りで淋しかったのよ。誰かと本音で語り合うこともなければ、心が触れ合うような思いもしたことがない。でも、あなたとは心で話せると思ってた。私が何ものであろうと気にしない人だって……そんなあなたでもやっぱり気にするのね」

「そうじゃない。君への気持ちが一時のものじゃないから気になるんだよ。もし後先どうなってもいいなら、今ここで『俺も愛してる』と言って終わりだ。身も心も奪って、「同意の上」「お互い様」で済ませるよ。後で君が傷つこうが、苦しもうが、『お互いさま』と割り切ってね。でも、そうじゃないから……どうしたら君と一緒に幸せになれるか考えるから、君と一緒に居られるか考えるから、君を幸せにできるか考えるから、躊躇いもするし、迷いもする。真剣に考えれば考えるほど、迂闊はことは言えなくなるんだよ」

「──それは良い方に考えていいの?」

「もちろん」

 リズは顔を上げ、彼の「Ring of Truth」を見つめた。
 言葉に嘘があればすぐに分かる。
 そういう力を私は天から授かった。
 リズは透き通るような水色の瞳を真っ直ぐに凝らし、それから納得したように目を伏せた。彼の返事は淋しいけれど、嘘でないのは真実だった。

「ミス・マクダエル、俺は今、君を喜ばせるようなことは何一つ言えないけど、これだけは確かだ。自信を持って言える。君への気持ちは誰よりも深くて、本物だってことだ。君にはどんな時も誠実でありたいし、幸せにしたいと願ってる。それだけは信じて欲しい」

「……分かったわ。それなら私も考える。どうしたらあなたと一緒に幸せになれるか……きっと何処かにいい方法があるわね」

「いろいろ迷うぐらい、好きなんだよ。こんな気持ちにさせるのは君だけだ。自分でもどうしていいか分からないぐらいに。本当だ」

*

『迷うぐらい好き』って、どういう事なのかしら──と考えた。普通は、そういう風には言わないでしょうに──。
 でも、それが彼にとって最上に誠実で、気持ちのこもった表現だということは彼女にも理解できた。
 それは不思議な愛の言葉だったけれども、リズは心から納得いった。 

もし運命の女神が自分で舵取りできなくなったら、運命の輪はどうなるのだろう。それでも正しく回り続けるの?

海洋小説『曙光』 MORGENROOD (上)のボツ原稿

引用ネタ
One Heart, One Ocean 海に生きる人々の願い

記:2012年5月2日

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。