本物の自信は揺らがない

本物の自信は揺らがない
ほんの少し前まで、焦り、落ち込み、苛々と突っかかっていたのが嘘みたいだ。
今なら自信とは何かと問われたら、自分の至らぬ所も弱い所も受け入れられる余裕だと答える。

「何かが出来る」
「何かを知っている」

それらは一つの優越感に過ぎず、自分よりもっと優れたものに出会えば、あっけなく崩れ去る。

だが、本物の自信は揺らがない。

リングが否決されようと、無知や無力を侮蔑されようと、ここまで積み上げた自分自身を信じられるから、大地に根が生えたような強い気持ちにもなる。
曙光

 
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }