「理事長の真意は僕には分からないけどね。あの人は、一度、お前のことを潰したいんじゃないかな、良い意味で」

「俺を潰す、って?」

「そうそう。お前、ちょっと自分の考えに凝り固まってるところがあるだろ? それを平らに潰して、もう一度、鍛え直すんだよ」

「銑鉄じゃあるまいし、なんで俺がタヌキの思い通りに改造されなきゃならないんだ? 俺に不満があるなら、最初から使わなければいい。結局のところ、俺は信用されてないんだよ。試すだけ試して、『ああ、やっぱり使えない』と分かったら、一も二もなく放り出すんだ、絶対そうに決まってる」