人間とは乗り越えられるもの

彼も十九歳になり、今では父の死や生き様と正面から向き合う余裕もある。プロテウスのパイロットになるという目標に燃えているせいか、悪夢にうなされる回数もめっきり減った。
そんな彼が生涯かけて理解したいのは、あの晩、堤防を守りに戻った父の気持ちだ。

<中略>

自分も被災者の一人であり、土木技師の父親を亡くした体験を語ると、教授はうんうんと頷き、あの晩、各地で多くの作業員が命を落とし、今はその遺族や元住民が中心となって復興ボランティアに取り組んでいることを教えてくれた。

「人間とは乗り越えられるものだよ」と髭の教授は言った。

「創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を救ってくれる。傷つき、苦しむ自分を恥じなくなった時、本当の意味で君は悲劇から自由になれる」

創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を解き放ってくれる

引用元の投稿にもあるように、「人間とは乗り越えられるものだよ」という台詞はニーチェの《ツァラトゥストラ》名言の応用です。

詳しくはこちら

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。