涙 ~いつの頃からか 僕は自分の気持ちを話すのが苦手になった

僕はうかつにも涙を流してしまった。
靴の先が丸くにじんだ。

西日の当たる通勤電車。
人の顔はみなどこか優しい。
自動扉にもたれながら、
僕は流れるプラットフォームを見つめる。

涙でぶざまに濡れても、誰も気にも留めない。
話しかける人さえ、ない。
気楽といえば気楽だが、
自分がまるで実体のないもののように感じる。

いつの頃からだろう。
僕は自分の気持ちを話すのが苦手になった。
知って欲しいと願う一方で、
誰にも触れられたくないという思いに閉じこもる。
つらいとか淋しいを通り越して、
心が粉を吹いたように渇いてゆくのを感じる。

世界にたった一人でいい。
こんな僕を愛してくれたなら、
僕は今すぐにも駆け出して、
君に本当のことを話すだろう。

僕が一番叫びたいこと。
誰かに受け止めて欲しいこと。
何もかも正直に。
そして、恐れずに。

眼下に新しい町並みが広がる。
だけど、そこに僕を待つ人はない。

涙の向こうに、いつもの駅が見える。
いつもの一人の夜がやって来る。

初稿:2005年2月10日

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。