カモ

ちょっとだけ待っててね

ユキちゃん。

いつもバタバタして、ごめんね。

掃除。洗濯。買い物。炊事。
やることがいっぱいあって、
いつもユキちゃんをひとりぼっちにさせてしまう。

「お台所をするから、ちょっとだけ待っててね」
そう言って、今日もユキちゃんをベッドに一人、置きました。

こんな時、ユキちゃんは、目をキョロキョロさせて、
オモチャの方を見ながら、しばらくママの好きにさせてくれます。

もしも口が聞けたなら、
「ママ、行かないで。もうちょっと遊んでよ」
と言いたいだろうに。

まだ三ヶ月だけど、
ユキちゃんは、何でも分かってる。
ママが忙しいのも、
「ちょっと」と言いつつ、
何十分でも待たせてしまう事も。

ゴメンネ、ゴメンネ、と、
心の中で手を合わせながら、
ママはいつも用事をしています。

明日は、五分でも、十分でも長く、
ユキちゃんと遊べるようにするね。

本当にごめんなさい。

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG