恋の詩 ~私は恋なんてしたくない、でも恋してしまった~

私は恋なんてしたくない。
でも恋してしまった。

この恋には入り口も出口も無い。
その悦びの果てにあるものは、深い悲しみと別れだけ。
いつの日かまた涙して、恋したことを悔いるだろう。
それでもいい。
今一瞬の悦びを追い求めていたい。
永遠に心に刻まれるだろう、この一瞬を。

人を恋するのに理屈なんかいらない。
気がついた時には、心に棲みついている。
私はただ戸惑いながら、恋したことに気づくだけ。
理屈なんてない。

朝に夕に君のことを想う。――君のことばかりを。

たとえその果てにあるものが、深い悲しみと別れでも
今一瞬の悦びに生きる。

’98 Autumn…

When the heart is young
*oil on canvas
*51.4 by 101.6 cm
*signed b.l.: J. W. Godward / 1902 .

恋の詩 いろいろ

None found

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG