エディット・ピアフ

エディット・ピアフに捧ぐ ~小さな雀

天国への階段は
悲しみと苦しみでできていると
あなたは言った

幸せなんて
小さな踊場に過ぎないと

歌は
時に涙のように
あなたの胸から零れ落ちる

葉の上の滴が
その重みに耐えきれずに
滴り落ちるように

だけど そんな哀しい響きさえ
あなたが歌えば
一篇の詩になる

曇った涙の滴が
澄んだ水晶の玉になるように
あなたは あらゆる影を
光に変えてしまう

あの街角で
あの辻で
人は耳を傾けずにいない
同じ痛みをもつ
あなたの声に

あなたの歌う
豊かな人生に

愛にあふれた
小さな雀(ピアフ)
与え 与えて
この世を去った

太陽が 地上に
何の見返りも期待しないように

だけど あなたが注いだ光は
永久に輝きつづける
人の世がある限り

その眼から
涙が消えぬ限り

美輪明宏の演劇『愛の讃歌 エディット・ピアフの生涯』を見た日に書いたもの

初稿:2002年5月2日

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG