知れば知るほど苦しみも増すが

知らなければ、得るものも無い。

いわば、悲しみや苦しみは、知ることの代償なのだ。

実のあるものを求める限り、影も付いてくる