軽やかに 走ろう
空気入れたての
自転車みたいに

音も聞こえる
景色も見える

道も走れる
草木も摘める

世界をありのままに
感じることができるのだから

窓辺に頬杖ついて
幸せがやって来るのを
ただ待っているなんて
もうたくさん

外に出よう
花を摘もう

両の腕を思い切り伸ばして
風を感じよう

空気入れたての
自転車みたいに
時々 弾けながら
軽やかに世界を駆ける

陽がすっかり暮れるまで

初稿:2002年5月1日

  • 投稿が見つかりません。