Pearl ~汗と涙の結晶~

思いがけず真珠をプレゼントされた。
世の女性が泣いて喜ぶ、英虞湾の真珠だ。

インドの伝説によると、白い真珠は、名声を、空色の真珠は、幸運を、黄色い真珠は、福の神を呼び、クリーム色は、持ち主を理知的にするそうな……。

Marieがもらったのは、目玉みたいな真珠だった。
夜の海にぽちゃんと落とせば、
アンコウのチョウチンになりそうな……。

真珠は、『月のひとかけら』。
月の女神ディアナの分身であり、海にそそいだ光の結晶でもある。

太陽が海の恋人なら、月は海の守り神。
夜の海を何より明るく照らすのは、闇夜に輝く月だから。
星が旅人を導くように、月はその航路を光で照らして守る。
もし夜に月が無かったら、皆、たちまち暗がりに迷うだろう。
あれは昼の中では用をなさないが、夜には無いと困るのだ。

そんな光のしずくが、夜の底で、輝く白い珠になった。
真珠の言葉は、『純粋無垢、健康』

古代インドの逸話によれば、海が神に真珠を捧げ、
それが神の胸に宿って、神の心になったという。

宝石というよりは、魂の結晶。
胸の底に流れ落ちた涙が固まって出来たような……。
真珠の核にあるのは、棘だか砂だかの小さな異物。
痛い、苦しいと泣きながら、じっと抱えているうちに、
綺麗な珠になりました……。

預言者エドガー・ケイシーの言葉。

【真珠は、その美しさを生んだ母体が、苦しみを克服したことを
その構造の中に、その美しさの中に、伝えている 】

夢見るジュエリ』岩田裕子 著 参照

「どんな人間でも、生涯に何か一つは閃く。
だが、その閃きを持ち続ける人間はいない。
肝心なのは、“閃くこと”ではなく、閃きを“追求すること”だ」

――と、のたもうたのは、うちの父親。

何かいろいろ閃いては、その度に、「ワシ、天才ちゃうやろか?!」と一人舞い上がっていたらしい。

「……でもな、ワシが何も成せんかったのは、いつもその閃きがその場限りで終わってたからや。

何か成す奴は、その閃きを何年も何十年も持ち続けて、ひたすら追求しよるんや。

人生をより良く生きるコツっちゅうのは、一点の目標に向かって、錐のように突き進んでいく事かもしれんな」

と。

愛でも、夢でも、閃きでも、
何ものにも顧みられず、胸に抱き続けることは苦しいものだ。
ダイヤの原石か、ただの石ころか分からぬものを、
ひたすら自分の中で磨き続けることは。

人は誰でも、ダイヤの原石と分かれば大事にする。
全力を尽くして、必死に磨く。
が、得体の知れないものには冷たい。
磨く努力もしない。

そうして次々に、貝の中から核が吐き出されていく。
「始まり」という名の、小さな異物が。

本当は、何も持たずに生きていくのが一番楽なのかもしれない。
なまじ「始まり」という小さな異物を抱えてしまったために、
七転八倒するハメになる。
傍で見てても、滑稽だ。
努力が美徳などと、誰が言い出したのだろう。
楽に至る美徳は、「何もしないこと」なのに。

ただ一つ思うのは、
核が無ければ、真珠も作り得ないということだ。

異物を抱き続ける苦しさに負けて、吐き出してしまえば、もう何をも生み出せない。

究極、仕事を完成させるのは、運や才能ではなく、「始まり」という名の小さな異物を抱き続ける苦しさに、どこまで耐えられるかという気力(執念)であるように思う。

真珠もピンからキリまであるが、自分が結晶させた真珠は、この世のどんな宝石にも勝る。

初稿:99/07/22

QUOTE CARD

  • どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。 その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。 誰でも犠牲は怖い。  自分だけ馬鹿正直をして、損したくない気持ちは皆同じだ。  だが、その結果、一番側で見ている子供はどうなるか、いわずもがなだろう。  言行の伴わない親を持つほど不幸なことはない。  たとえ現世で馬鹿正直と言われても、本物の勇気、本物の優しさ、本物の気高さを間近に見ることができた子供は幸いである。 どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。...
  • 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを「創造的な生き方」と言います。 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。...
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。