「寺山修司」の検索結果 52件

5/6ページ

『もし鳥になれたら最初にどこへ飛んで行きたいですか?』 #『質問』の答え

https://flyingquestions.tumblr.com/post/162392721005/質問の本からの質問ですオランダのカモメです それは『過去の自分』です。 『あの頃の私』が頑張ってくれたから、今の私があるわけで、過去の私には感謝してもしきれないくらいですよ。 思えば、どんな危機 […]

『言葉で人を救えると思いますか』 #『質問』の答え

医療福祉の現場に居ると、「世の中、金がすべて」と実感することしきりです。 「今すぐ死にたい」という人も、突き詰めれば、経済的困窮が最大の原因だったりする。病気の痛み苦しみよりも、「家賃が払えない」「貯金が底を突く」といった経済問題の方がはるかに深刻で、はるかに心を病むのです。

『淋しさはどの方角からやってくるのでしょうか』 #『質問』の答え

申し訳ないけど、食卓です。 これは愚答ってものでしょうか。 でも、本当に申し訳ないけど、食卓なのです。 師匠も言ってますよね。『家というものが運命化した共同体だと思っている人にとって……』。 結婚は意図的だけど、家族は偶発的なものです。

やっても悪口を言われ、やらなくても悪口を言われる

『やっても悪口を言われ、やらなくても悪口を言われる』というのは、西洋の文化人の言葉です。私も誰の言葉だったか、まったく覚えがないし(英首相・チャーチルか?)、もしかしたら「書いても悪口を言われ、書かなくても悪口を言われる」だったかもしれない。名言サイトで似たような文言を見かけたら、頭の片隅にメモして […]

『オレが死んだら、80年代に灰を撒いてくれ』デイヴィッド・リー・ロス

80年代の面白さって、当時を実際に経験した人でないと分からないでしょうね。 私も、世の中全体のバブリーな風潮はあまり好きでなかったけど(とりわけ恋愛に関しては)、音楽、映画、漫画、小説、舞台、TVコマーシャルから「2時のワイドショー=辻本源治郎センセイの心霊写真特集」に至るまで、カルチャーの部分は最 […]

『芸術』の役割 復興へ心踊らせて…オペラ座トップがバレエ指導

そう考えると、バレエもオペラもこの世界に必要欠くべからざるもの……というわけではないし、そもそも、こんな一度の公演を見るために、1万とか5万とか払ってる私たちの存在って、いったい何なのだろう、それでも『芸術』は必要ですか──? なんて、根源的な問いかけまで行き着いてしまうんですね。

饗庭孝男『フランス 四季と愛の詩』 詩と写真で感じる大人の絵本

フランス文学の評論で著名な饗庭孝男氏の名著(絶版)から「恋する女の存在の不安は、たえず相矛盾する極から極へ移ることから生じる。愛は生から死へ、歓喜から涙へ、苦しみから安らぎへ、至福から絶望へと絶えず詩人を揺り動かし、片時も休むことがない」等の抜粋と、フランス語の原文とフランスの美しい風景写真から構成される本の一部を写真付きで紹介。

『夢見るジュエリ』とヴァンドーム青山

もし、若いお嬢さん方に、「手っ取り早く運気を高めて、自分を輝かせたいだけど……」と聞かれたら、私は迷わず『ジュエリ』をおすすめします。 ジュエリと言っても、何十万もするような高級ブランドの宝石でなくていい。 自分の感性に一番ピッタリくる石。それを一つ、自分の守護神として身につけたら、持っているだけで […]

Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }