5/75ページ

5/75ページ

壊れそうに美しい『Love Theme from Spartacus(スパルタカス 愛のテーマ)』ジャズ・ピアノの傑作 by ビル・エバンス

ピアノの詩人ビル・エヴァンスの作品の中でも極めて美しいソロの名曲。カーク・ダグラス主演の歴史大作『スパルタカス』のピアノ・アレンジで、繊細なメロディと透明感あふれるサウンドはまさに壊れそうな美しさ。その他のアレンジやお勧めアルバムも紹介しています。

生物冶金と新技術の意義 世界に可能性を知らしめる

採鉱プラットフォームでは海台クラストの本採鉱が始まり、海洋由来の安価で良質なニムロディウムが市場に出回れば技術のみならず政治経済にも大きな影響をもたらすのは必至だ。製錬工場で技術やコストの問題を聞かされたリズは懸念するが、採鉱事業の目的が莫大な利益をあげることではなく、世界に可能性を知らしめるのが目的だと納得する。

哀愁のジャズとマグナム『タクシードライバー』は何故に名画となりしか

雨は人間のクズどもを歩道から洗い流してくれる。奴らを根こそぎ洗い流す雨はいつ降るんだ? マーチン・スコセッシの歴史的名作を画像と動画で解説。夜の香りが漂うバーナード・ハーマンのサウンドトラックも素晴らしい。You Talkin' to Me? や Anytime, Anywhere など、有名な台詞も交えながら、ロバート・デニーロの魅力を熱く語る。

美しい女が老いに直面する時 映画『血の伯爵夫人』エリザベート・バートリ

若さと美を願うのは、間違いですか? 美貌の伯爵夫人エリザベート・バートリは、21歳の若くてハンサムなイシュトヴァンに恋をしたことから、自分の老いを強く意識するようになる。愛を失うことを恐れた夫人は自らの美貌を永遠に保つことに執心し、乙女たちの生き血を求めるようになる。女性の老いと悲哀を正面から描いた人間ドラマ。

親は死んで子どもの血肉となる ~鮭の産卵より

サケの親の死骸は自然に腐敗して、卵が孵る頃には栄養豊かな食べ物になる。救われるのは稚魚だけじゃない、熊やキツネなど、冬を越した森の動物たちの食糧にもなる。食い散らかされた鮭の死骸は一つ残らず稚魚や動物の糧になり、川と緑を育むエネルギーに生まれ変わるんだよ。

意見するのに経験と資格が必要ですか? 第一人者のプライドと素人の疑問

海洋情報ネットワークを構築する為、業界の第一人者である企業の担当者を訪ねるが、君に意見する資格があるのかと突っぱねられ、面談は物別れに終わってしまう。専門家と素人の意見交換でありがちな「素人のくせに」は本当に問題解決に有効なのか。個人の意思表明と結果重視に関するコラムをリファレンスとして。

庶民の良心が社会を変える ~海洋情報行政とデータ共有の可能性

社会の発展を願うなら知的基盤の拡充は欠かせない。海洋情報の共有を提案するヴァルターはメイファン女史を訪れ、現場の中にも志を同じくする人が居ることを知る。一方、社会の混乱を懸念するリズは、情勢が落ち着くのを待っていたらおばあちゃんになってしまうと溜め息をつくが、庶民の良心が社会を良い方に動かすと彼は励ます。

映画と原作から読み解く『ゴッドファーザー』人生を支える第二の父親

「世の中はつらいことだらけだから、二人の父親に面倒をみてもらわなければ生きていけない。そんな意味合いから、名付け親(ゴッドファーザー)というものが生まれたのです」ドン・コルレオーネと三人の息子らの宿命を描いた名作の世界観を原作の抜粋と動画で紹介。イタリア移民の生き残りをかけた哲学と志、家族愛が印象的な人間ドラマの最高峰。原作は一ノ瀬 直二氏の翻訳が秀逸。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 75
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }