セックスレス→精神的に裸になれない

AVの原因もあるかもしれないが、最大の問題は『精神的に”裸”になれない人が急増』しているのではないか。
こういう事は「動物みたいでカッコ悪い」「ペチャパイと思われるのが恥ずかしい」「弱いと思われるのではないか」という恐れや照れがあれば絶対にできないし、たとえできたとしても快楽からは程遠い。とりわけ今は相手にどう思われるかを気にする若い人が増えているし、「立派なこと」「いい人であること」「素敵なこと」が以前に増して要求されるから、ワンコみたいに裸でじゃれ合う気分にはなれないだろうよ。
それより不倫、浮気の方が楽しいだろう。相手になんら負うものがなく、一晩、恥を晒しても、金や距離で割りきれるから。

セックスレスの問題は、女性側からは不満として語られ、男性側からはプライドやモチベーションの問題として語られるのが興味深い。
女性の場合、男性がその気になってくれないと成立しないし、男性は女性に拒まれると精神的に傷つくし。
お互い不満を内に溜めたまま、他に原因探しをしても、何の解決にもならないし、たとえこの世からAVが無くなっても、今のご時世、精神的に裸になれる人の方が小数のはず。

それにしても、肉欲が満たされれば、性欲も失せるものだろうか。本来、性は、肉体と精神の両面から成り立つものであり、肉欲が満たされても、『性的には満たされない』というのは十分にあり得る。たとえるなら、ジャンクフードでお腹がいっぱいになっても、本来、食のもつ幸福感までは満たされないようなものだ。

豊かな性生活に、精神的解放は欠かせない。原因探しをするより、いかに精神的に裸になるか=見栄や羞恥心から解放されるか、についてレクチャーした方がよい。

日本のセックスレス、原因はAVか ネットの普及で「価値がなくなった」専門家が指摘
https://abematimes.com/posts/3460440

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。