ニャーコ

外の世界に憧れる猫と閉ざされた窓 【猫日記 2】

猫には、外に憧れる気持ちはあるけれど、自分でドアを開ける力はない。

誰かが開けてやらないと、いつまでも家の中に閉じ込められたまま。

どれほど外に出たくても、ドアの前でにゃーにゃー鳴くだけ、夢を叶えるには、大人の手が必要なのだ。

近頃はドアや出窓の近くでウロウロするだけで外に出たいのだと分かるようになった。

こちらが気付かないと、「にゃぁ~」と甘えることもある。

ああ、外に出たいのね、と、窓を開けてやる時だけ、ちょっぴり優越感。

そして、夢の天使。

たとえ相手が猫でも、願いを叶えてやるって、なんていい気分だろう。

窓を開けると、窓枠のところで少し考えた後、とことこと屋根を降りていく。

行ってらっしゃい。あまり遠くへ行くんじゃないよと、見送って、こちらはちょっぴり淋しい気分。

うちの子たちが成人する時も、きっとこんな感じだろう。

家に居る間はせっせと餌をやり、ぐうぐう昼寝している時は起こさぬように物音に気を遣い、あれやこれやで世話を焼いて、出て行く時は一瞬だものなぁ。

今でも犬猫を我が子のように可愛がる気持ちなど知らないし、分かりたくもないが、こんな日常が三日、四日と続けば、そのうち、こう言い出すんだろうな。猫に向かって「うちの子が」。いやもう、猫は猫だよ。三人も子供いらネ。

それにしても、じっと窓に向かって何を考えているのやら。

人間だけが知的で、魂を有するなどと誰が言い出したのか。

猫にも知性はあるし、多分、心もある。

自分の言葉を持たないだけで、胸の中にはいっぱい、やりたい事、気になる事、あるだろう。

ただ、彼らには、自分でドアを開ける力がない。

足りないのは、本当に一点、それだけだ。

そして、人間も、時にはドアを開けてくれる誰かを必要とする。

どれほど焦がれても、自分の力では、決して越えてゆけないドアがあるから。

それが自分のドアであれ、他人のドアであれ、『求めよ、さらば開かれん』。

こんな猫一匹でも、ドアを開けてくれる誰かの手があるのだから。

今日のニャーコ。いつもこうして外を眺めています。
ニャーコ

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG