ニャーコ

我が輩も猫である 名前は付けない【猫日記 1】

『我が輩は猫である。名前はまだない』の精神に則り、私も飼い猫に名前は付けてない。

日本文学を愛する者は、蜘蛛を殺したり、トンネルを抜けて鹿児島に行ったり、「あたくし? デュボワ」なんて真似してはいけないのだ(出典:三島由紀夫『女神 (新潮文庫)』)。

ゆえに、私だけは「ニャーコ」と呼んでいる。男の子だけど、ニャーコ。

うちの子たちは『パズー(ポーランド語で『爪』のもじり)』などという洒落た愛称で呼んでいるが、うっかり『バルス!』の一言で家が崩壊したらどうするんだ。

そもそも私は犬猫にはまったく興味がないし、生き物を飼いたいとも思わない。

ペットは確実に自分より早く死ぬし、死ぬと別れが辛いからだ。子供の頃、金魚だの、文鳥だの、次々に死なせた痛い思い出もある。

私に生き物を飼う資格など無いし、大事に育てる自信もない――というのが、私の長年の考えだったが、子供らに「猫飼う、猫飼う」としつこくせがまれて、、とうとう折れた。最後まで強硬に反対したが、「自分たちで糞の始末や餌の世話をする」という条件付きで受け入れた。

もっとも、こんな口約束は三日で反古にされると知っている。

実際、ハムスターを飼う時も、歴代政権並だった。

やつらの「絶対に世話するから」という言葉は、絶対に信じてはいけないのだ。

今も飼い猫に名前を付けないのは、そういう理由もある。

これは私の猫じゃない。

君たちの猫なんだから、君たちで責任もって世話するように、という意思表示の一環だ。

私までもが愛称で呼び出したら、いつしか「ママの猫」になり、「世話ヨロシク!」になるのが目に見えている。

だから、絶対に付けない。

意地でも、「ママの猫」にはしない。

一方、ペットに名前を付けないのは、生き物に愛着をもちたくない理由もある。

ティファニーで朝食を』にもあるように、名前を付ければ、誰かの所有物になる。自分の所有物になれば、愛着も湧く。愛情が深まれば、死に別れた時に悲しい。だから深入りしたくない。名前を付けて、一対一の関係性を持ちたくない。

そんな訳で、ニャーコは、今日もニャーコという名無しのまま、自由気ままに生きていく。

誰の所有物でもなければ、誰かに飼われているわけでもない。

猫という、一つの生き物。

誇り高い、ネコ族の末裔。

今日のニャーコ。よく寝てます。
ニャーコ

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG