至上の美 ピアノ・インストゥルメンタル『Mystic River』by ENZO

数あるピアノ・インストゥルメンタルの中でも、メランコリックで透明感あふれる曲調が印象的なENZO

ところが、このアーティストについて調べても、調べても、どこにも情報がない!

同じENZOでも、カンツォーネ歌手や作曲家の情報なら見つかるが、この曲を手がけたENZOの情報だけは皆無なのだ。

謎のピアニスト、ENZO。どこの国のアーティストかも分からない。

存在そのものがミステリアスで、美しい。

その極致が『Mystic River』。

まるで紫に煙る、早朝の河口のよう。

深い霧の中、一人、静かに、時の大河をわたる。

その先にあるものが、孤独であれ、楽園であれ、恐れずに行こう。

ただ一つの愛を道連れに

私が私になる以前 

まだ名前も無かった頃の 

魂の海へ。

家路につく最終バスの車窓から、優しい家の円居が見える。

深い夜の中に、一つ、二つ。

あれは幼子の笑い声。

あれは淋しい少女の祈り。

それぞれの明かりに人の願いがあり、暮らしがある。

誰に届かなくても 月明かりの下 人はみな尊い。

泣き、笑い、精一杯、生きていく。

だから私も帰ろう。待つ人のある家に。

カタコトと田舎道を小さなバスに揺られながら。

カーテンの隙間から月が見ている
ソファ横たわる私の姿を
涙に濡れた淋しい寝顔を

何をそんなに見つめることがあるの?
私は今日を生きるのに精一杯……

私もお日様になりたかった
明るく世界を照らす昼の陽光に

だけど私は凍てつく夜の影
自らは輝けない星
光を投げかけられねば生きてゆかれない

カーテンの隙間から月が見ている
疲れ切った私の姿を
夢も忘れた寝顔を

とにかくENZOさんのピアノは美しいのです。

ENZOさん。いったい、あなたは誰?

なんと、この方、ディスコグラフィーもバイオグラフィーもほとんど情報が出てこない!
Googleで検索しても、ここまでヒットしないアーティストも珍しいのでは?

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。