CATEGORY

映画

ポール・ニューマンを偲ぶ ~さよなら、ハリウッドの星~

「ポール・ニューマンか、スティーブ・マックィーンか?」と訊かれたら、私は迷わず「スティーブ・マックィーン」に手を挙げるタイプだったので、マックィーンの方が、ニューマンより20年以上も早い1980年に悪性腫瘍で亡くなった時には(50歳の若さだった)、中学生ながら恋人を亡くしたような騒ぎで、泣いて、泣い […]

俳優エド・ハリスをよいしょする 「アビス」「ザ・ロック」「敬愛なるベートーヴェン」他

主役、脇役、悪役、どれを演じてもノーブルにこなす俳優エド・ハリスのおすすめ映画を紹介。妖怪人間ベムを彷彿とする『ビューティフル・マインド』をはじめ『アビス』『ザ・ロック』『敬愛なるベートーヴェン』『ウェイバック -脱出6500km-』に関する動画付きレビューです。

映画『ボクシング・ヘレナ』 愛する女を箱詰めに /『エニグマ』サッドネス

叶わぬ恋心を遂げる為、男は女の両手両足を切断し、自宅に監禁する。ショッキングな設定ながら、世話する者とされる者の間で次第に愛と信頼が芽生え、二人の恋は意外な方向に開けていく。母親との異常な関係から性的に不能となった男と、それを解き放つ女の、心と肉体の交流も美しく描かれています。BGMとして大ヒットしたエニグマの『サッドネス』も併せてどうぞ。

映画『復活の日』ジャニス・イアンのYou are Love / 草刈正雄に萌えた日

ジャニス・イアンの名曲『You are Love』。といっても、普通一般の人には何のこっちゃか分からないし、『復活の日』と言っても、覚えてない人の方が大半だろう。しかし、しかし。この映画が公開された当時、日本では稀に見るハーフの美男俳優で、身長180センチ以上のスリムな身体にアルマーニだかヴェルサーチだかの一流のスーツを着こなし、「華麗なる刑事」というTVシリーズでマグナム44をぶっ放しておられた草刈正雄さんに萌え萌えしていた女の子なら、きっと見たはずだ。

薬師丸ひろ子&真田弘之の角川映画『里見八犬伝』

千葉真一、京本政樹、志穂美悦子など、蒼々たるメンバーを揃え、80年代角川エンターテイメントの集大成ともいうべきアクション時代劇の傑作を画像と動画で紹介。夏木マリが全裸で血の池に入浴、息子役の目黒弘樹と近親相姦的なキスシーンなど、妖艶かつ幻想的な名場面も多く、真田広之らの剣術も愉しめる。発泡スチロール系美術も今となっては新鮮。

薬師丸ひろ子の映画『Wの悲劇』大女優・三田佳子の名演が光る

角川の高校生アイドルから大人の女優へ成長を遂げた薬師丸ひろ子の記念碑的作品。大女優の愛人スキャンダルと舞台劇『Wの悲劇』がシンクロし、絶頂期の三田佳子の迫真の演技に目が釘付けになる。「好きな芝居を作るため、女使いませんでした?」「顔ぶたないで。私、女優なんだから」などの名台詞を画像付きで紹介。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG