今成すか、永遠に成さないか ~確かなビジョンが未来を開く

今成すか、永遠に成さないか ~確かなビジョンが未来を開く

成すか、成さないか 答は一つ

他人の成功を羨む人がいます。

あれくらい、誰でもできる。

自分はまだ本気を出してないだけ。

が、本当にそうでしょうか。

やろうとしない言い訳を、自分にも、周りにも、言い聞かせていませんか。

失敗するのが怖い。

馬鹿にされるのが怖い。

傷つきたくないが為に、後回しにしている人は少なくないと思います。

そんな人たちにとって、自分の好きなことで成功した人、一所懸命に頑張っている人は、目障りでしかありません。

本当は自分がその場所に立ちたいのに、出て行く勇気もなければ、努力する気もないので、永遠に自分の順番は回ってこない。

自分でもそれが分かるから、憧れの場所に居る人に石を投げつけて、なけなしのプライドを守るほかないのでしょう。

そんなことをしたって、自分がますます惨めになるだけなのに。

人の生き方は、二通りしかありません。

今成すか、永遠に成さないか。

ラテン語で、Nunc aut numquam ヌンク・アウト・ヌンクァム といいます。

確かに、今成したからといって、必ず思う通りに成功するとは限りません。

それでも、何もしないより、何かした方が、手応えは上です。

笑われても平気なのは、プライドよりも、何よりも、好きな気持ちがまさるからでしょう。

本作でも、海洋技術の困難を知り、MIGの社長であるアル・マクダエルは、宿願である海底鉱物資源の採掘を一度は諦めようとします。

失敗すれば、自分が傷つくだけでなく、先人が人生を懸けて築き上げたMIGの業績も一夜で崩れ去ります。

自分一人の野心で、何千、何万の従業員をも路頭に迷わせていいのか。

最悪の結末を思うと総身が震えますが、この日の為に練りに練った事業計画を思い浮かべ、それが決して無謀なチャレンジでないことを今一度自身に確かめます。

今成すか、永遠に成さないか。

不安に震える時、決め手になるのは、これまで培った技術であり、知識であり、経験でしょう。

万全のデータを揃えても、最終的には自分を信じるか、信じないかが大きな決め手になると思います。

言い換えれば、必勝のプランがあっても、自分の精神力や技術を信じられない人は、何をやってもしくじるということ。

今成すか、永遠に成さないか、は、自分に対する人生最大の問いかけだと思います。

このパートは海洋小説『曙光』の抜粋です。
詳しくは作品概要と記事一覧をご参照下さい。
冒頭部の無料サンプルはGoogle Drive からDLできます。

【あらすじ】

水深3000メートルに眠る海台クラストの採掘に向けて、意気揚々、アステリアの海に乗り込んだアルだが、居合わせた海洋学者から海中技術の困難を聞かされ、決心が揺らぐ。
自らの気持ちを確かめる為、ローレンシア島の海岸を訪れたアルは「今成すか、永遠に成さないか」を今一度自身に問いかけ、砂浜に決意の杭を打つ。

【抜粋】 今成すか、永遠に成さないか

アルは鉱物学者の父子からアステリアの海に眠る膨大な鉱物資源について聞かされ、自分でもいろいろ調べてみたが、それを採取しようという話はどこからも出たことがなく、研究すら行われていない。

だが、どうしても諦めきれないアルは、一度この目で見てやろうと、知古の口添えを得て産業省の企画する海洋産業研修ツアーに参加した。

上空で待機する母船から『ネレイス』と呼ばれる空海両用機が降下され、ローレンシア島から100キロ離れた遠洋に着水すると、アルはカメラを片手に船室を飛び出し、最上階の展望室に急いだ。

ところが、展望窓の向こうに見えるのは茫洋たる大海だけだ。手を掛ける場所もなければ、足を踏みしめる大地もなく、圧倒するような水の平原が広がるばかりである。

しかもネレイスの浮かぶ一帯の水深はなんと6000メートル。地上50階の高層ビルを20個並べたより、まだ深い。

そんな海の深みからどうやって海底堆積物を回収するのか。長さ6000メートルのパイプ付き掃除機を下ろして吸い上げる? それともSF映画に出てくるような巨大ロボを海底に派遣して石拾いさせるか。まともな深海調査船さえアステリアには無いというのに?

目の前の大海を茫然と見詰めていると、同乗していたステラマリスの海洋科学者が言った。

「あなた、本当にこの超水圧を掻き分けて、水深数千メートルの海底から鉱物資源を回収するつもりですか? 気圧や無重力は今の技術でどうにか克服できますが、水は簡単には制御できません。変幻自在に形を変える上、止めることも、掴むこともできず、僅かな鉄板の隙間から鉄砲水のように侵入し、金属をも破壊するんですからね。仮に水深3000メートルの海底から鉱物を回収するとしましょう。それは標高3000メートルの山頂から麓の果樹園のリンゴを拾い集めるようなものです。的確にリンゴを採るのも難儀なら、集めたリンゴを頂上まで回収するのも至難の業だ。ましてそれを商売にしようと思ったら、一キロ、二キロを採ったぐらいでは話になりません。そんな無謀なリンゴ狩りをするぐらいなら、隣の果樹園からリンゴを仕入れた方がはるかに安上がりです。あなたがやろうとしている事は、それぐらい無鉄砲でリスキーだ。ステラマリスでも本気でやろうとしたベンチャー企業があったが、多額の負債を抱えて倒産しましたよ」

それでもファルコン・グループの一党支配を崩すなら、アステリアの海からニムロディウムを採ってみせるしかない。幾千の労働者を犠牲に鉱山の深部から採掘するのではなく、完全自動化された新時代の採鉱システムを用いてだ

<中略>

初めてのアステリア訪問から二年後、アルは再びアステリアを訪れ、工業港の建設計画が進む砂利浜に佇み、今一度、自身に問いかけた。

既に頭の中には海を拓くのに必要な知識、技術、ノウハウなどが詰まっている。

至難ではあるが、絶対不可能ではないことも心が識っている。

だが、ローレンシア島の沖合に採鉱プラットフォームを建設することは社運を懸けた一大事業だ。下手すればMIGや自己資産のみならず、祖父が築いた技術革新の金字塔さえ灰燼と帰すかもしれない。

最悪の結末を思えば総身が震え、引き返すなら今のうちと諌める声がする。

だが、良質なニムロディウムを得る為に、生涯犬のようにファルコン・マイニング社の足元に這いつくばって、真の経営者と胸を張って生きていけるのか。

死力を尽くせば達成できたかもしれないことを一生胸に抱えたまま、自分に言い訳しながら人生を終えるつもりか。

否、否。

この日の為に姉のダナと幾度となく話し合い、幾通りものビジネスプランを練り上げてきた。いくらか背伸びする部分もあるが、決して無謀な賭けでないことは心が識っている。

Nunc aut numquam ヌンク・アウト・ヌンクァム(今成すか、永遠に行わないか)

アルの脳裏に祖父の声がこだまし、目の前に採鉱プラットフォームが浮かんだ。

それは決して夢や幻ではない。海中深く突き立てられた揚鉱管が力強い機械音を響かせながら、水深数千メートルの海底から鉱物資源を揚収する。

水中無人機を遠隔操作するオペレーター、管制室のモニターウォールに映し出される深海底、港とプラットフォームを忙しなく行き交う輸送船。

今、この砂利浜には静かに波が打ち付けるだけだが、ここに第一埠頭、あそこに第二埠頭、その裏手には工場や倉庫が建ち並び、造船所では最新の海洋調査機器を備えた支援船が建造される。それに併せて、道路、通信、オフィス、集合住宅、学校なども続々と開かれ、真の自由と公正を求める志高い人材が続々と集まってくる。

今後アステリアが海洋化学工業を中心に発展するのは疑いようもなく、たとえ採鉱事業は成らなくても、二の手、三の手を打てば、物流や都市開発で先行者利益を得ることは十分に可能だ。

やるなら『今』しかない。

後で他人の成功に地団駄を踏んでも、チャンスは二度と戻らない。

怯弱な二番手は永久に一番手の尻を舐め、何を見せても二番煎じと嘲られるだろう。

アルは砂利浜に最近操縦を覚えたばかりのモーターボートを引き上げると、これを繋ぎ止めるための杭を一本打ち込んだ。やると決めたら、しばしばこの砂浜を訪れることになる。今は砂利浜以外に何も無いが、いつか必ず採鉱システムを完成し、奴らの目に物見せてやろうではないか。人間の意思がどれほどの事を成し遂げるかを。

Nunc aut numquam.

力強い槌音が潮騒も掻き消す中、アルはひたすら杭を打った。

今日の決意を生涯忘れるまいと海に誓いながら。

Kindleストア

上巻の冒頭部を収録した無料版PDFはGoogle Driveにあります。
閲覧は無料です。モバイルでも表示可能。
『曙光』上巻 ~”海底鉱物資源を採掘せよ”から”屁理屈だけは超一流”まで


 著者  石田朋子
 定価  --
 ページ数  1509ページ
View on Amazon
 
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }