幸せになるのが怖い

幸せとは新しい価値観を受け入れること

幸せになるのが怖い

幸せになるのが怖い人がいます。
望みの幸せを手に入れて、笑っている自分が想像つかないのです。
何かが上手く行きそうになると、自分からわざわざ不幸の種を蒔いて、不幸の中に身を投じます。
そして、相変わらず、辛いわ、悲しいわ……と嘆くのです。

恐らく、幸せになるのが怖い人は、「自分など幸せになる価値もない」と思い込んでいるのではないでしょうか。

十分その資格があるのに、自分が信じられないんですね。

本作に登場するヴァルターは、大洪水で最愛の父親を失い、自分だけが生き残ったこと、そして、故郷の仲間は揚々と復興ボランティアに励み、仕事も私生活も順調なのに、自分だけが道を誤り、仕事も私生活もどん底に落ちたことを恥ずかしく感じています。だから、恋人ができてもよそよそしいし、新しい仕事も心底から打ち込むことができません。全ては幸せになるのが怖いからです。

そのことをマックスの奥さんのエヴァに指摘されますが、受け入れられないまま、ずるずると結論を引き延ばし、とうとう自分で幸運の芽を摘んでしまいます。

実はこうしたコンプレックスは誰の中にも潜んでおり、最大の敵は自分自身と言われる所以です。

誤った思い込みは、人間関係のみならず、仕事も、社会生活も、何もかもぶち壊してしまうのです。

【あらすじ】 よせばいいのに……

湾岸開発の進むペネロペ湾に、再建コンペで対立した世界的建築家フランシス・メイヤーと大手建設会社のロイヤルボーデン社が足がかりを作り、『海上のヴェニス』と称される巨大な円環の海上都市『パラディオン』を建設しようと企てているのを知り、ヴァルターは激しく動揺する。
「もう忘れろ」というマックスとエヴァの忠告も聞かずに、再びペネロペ湾に赴き、ランドマークタワーのイベントホールで再びメイヤーと鉢合わせる。
結局また口論になり、苦い思いで戻ってきたヴァルターに対し、エヴァが今の生き方を問う。

【抜粋】 幸せとは新しい価値観を受け入れること

どう見ても名前負け

「マックスはまだリビングに?」
「ええ。熊みたいにソファに寝転がってテレビを見てるわ。お馬鹿なコメディやホームドラマが大好きなの。いつも気を張ってるから、それぐらいしか息抜きする部分がないのよ」
「その気持ちは分かるよ。本当は内容なんかどうでもいい、ずっと付けっぱなしにしてるだけで気が紛れるんだ」
「人の話し声を聞くと落ち着くからでしょう。マックスにもそんな時があったみたいよ。私と結婚するまで、ずっと町外れのアパートで一人暮しだったから」
「君がマックスと結婚したのは正解だよ。ヴァルター・フォン・シュトルツィングよりハンス・ザックスの方が百倍いい男だ」
「何のこと?」
「『ニュルンベルクのマイスタージンガー』だよ。俺の父がとても好きだった」
「ワーグナーの楽劇ね。それであなたの名前も『ヴァルター』なの」
「本当はジークフリートにしたかったらしい。でも、祖父に『後ろから槍で突かれて死ぬ英雄など縁起でもない』と言われて、考え直したそうだ。でも、俺にはその方が有り難い。父には悪いけど、それだけは勘弁願うよ」
「どうして」
「どう見ても名前負けだ」
「そんなことないわ。あなたも一所懸命にやってると思うわよ。故郷大事といっても、畑違いの再建コンペに挑むほどの勇気と行動力を備えた人は希有だもの。それに、どんな親も大なり小なり、我が子には夢を見るものよ。私の母も、将来は有名大学に通って、お金持ちのぱりっとした紳士と結婚して、主婦向けの雑誌に出てくるような優雅な奥様になって欲しかったみたいだけど、現実は全く逆。私がヘルメットをかぶって工事現場に出入りする姿を初めて目にした時は絶句してたわ。マックスを紹介した時もね」
「君はどうして建築デザイナーに?」
「よくある話よ。中学生の時、バレーボールの試合中に膝を痛めたの。手術自体は簡単だったけど、退院してからが大変。高さ一〇センチの間仕切りさえ足につかえるし、たった五段の階段の上り下りも一苦労。バスルームでは身体を支えるだけで精一杯だし、トイレで便座に掛けるにも何分とかかってしまう。それまで何気なく暮らしていた家が一転して障害物の箱になったの。それを機に、デザインって何だろうと考えるようになった。その翌年には祖父が脳梗塞で倒れて、左半身に軽い麻痺が残り、家の中を移動しやすいようにリフォームすることになってね。担当の設計士がとてもいい方で、毎日話を聞くうちに自ずと進路が決まったわ。大変だけど、やり甲斐のある仕事よ。人の暮らしに直結することだしね」
「いい話だね」
「あなたはどうするの? もう潜水艇のパイロットには戻らないの?」
「分からない。パイロットといっても俺の技能はプロテウスに限られるし、世界中、どこにでもある船じゃない。航海士の資格も持ってるが、実際に運航業務に携わったことはないから、どのみち一から出直しになる。とりあえず今手掛けていることが一段落したら改めて考えるつもりだ」
「海洋情報データの共有サービス……だったわね。それも規模の大きな話ね。それなら、ここに永住する心づもりなの」
「分からない。そこまで考えたこともない」
「でも、現実的な話、もしお嬢さんと一緒に生きていくなら、ここに永住する以外ないんじゃないの?」
「……」
「どうしても故郷に帰りたいの?」
「それが一番の願いだった。簡単に割り切れるものじゃない」
「でも、今更帰ったところで何があるの? まだ工事で揉めているのでしょう。あなたが顔を出せば、また一悶着起きるんじゃないの?」
「……」

幸せとは新しい価値観を受け入れること

前述の続き

「私には、あなたがわざと嵐の中に身を置いているようにしか思えない。でも、それは本当にお父さんの望みかしら。私が親なら、今手にしているもので幸せになって欲しいと願うわ。お父さんが不幸な亡くなり方をしたからといって、あなたまで不幸になる必要はないのよ。それとも幸せになるのが怖いの?」

「楽しいことだけ考えて、安らかに暮らしたい気持ちは皆と同じだ。何かあっても見て見ぬ振り、自分とは関わりの無い事と割り切って生きていけたら、どれほど楽かしれない。だが、それは俺の生き方ではないし、父の教えとも違う。そこから離れたら、自分自身でなくなってしまう」

「あなたは新しい価値観を恐れているのではない? 幸せになるということは、新しい考え方を受け入れることよ。『こうあるべき』という先入観をリセットして、今まで考えもしなかった生き方を選択するの。それはあなたにとって不安を伴うかもしれないけど、もしかしたら、その中にこそ本当の救いがあるかもしれない。あなたにとっても、お父さんにとっても。少なくとも、嵐の記憶にがんじがらめになって一生棒に振ることは望んでないはずよ」

「父さんは俺の指針だ。忘れるなんてできない」

「ええ、分かってる。でも『忘れずにいること』と『その中に閉じてしまうこと』は別でしょう?」

Kindleストア

上巻の冒頭部を収録した無料版PDFはGoogle Driveにあります。

閲覧は無料です。モバイルでも表示可能。

『曙光』上巻 ~”海底鉱物資源を採掘せよ”から”屁理屈だけは超一流”まで



広告

海洋小説『曙光』の最新記事4件

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG