拒絶の中でも、学ぶ者は学ぶ ~失恋した時、どうするか~

拒絶の中でも、学ぶ者は学ぶ ~失恋した時、どうするか~

恋愛指南より文芸を勧める訳

世の中には様々な恋愛指南が溢れています。

こうしたら、もっと彼氏に愛されるとか、理想の男性と結婚できるとか。

しかし、方法論は方法論であって、パソコンの説明書きみたいに、100パーセント確実な結果がもたらされるわけではありません。

人によっては当てはまらないケースもごまんと存在しますし、恋愛指南を説く人も、たまたまそのやり方で成功しただけであって、全ては結果論なんですね。いろんな異性とお付き合いしたからこそ人を見る目が養われ、幸せになった女性が存在する反面、親や周囲のすすめる人と無難に結婚したからこそ、平凡でも確かな幸福が手に入った人がいるように、その道筋も、価値観も、十人十色で、どれが正解というのはありません。遊んで幸せを掴んだ人は自由恋愛を謳うし、堅実にきた人は保守的な考え方をするし、そもそも、人間関係の構築に、「絶対コレ」という処方箋は無いのですよ。皆、心をもった人間であり、二人が置かれる環境も、どんどん変わっていくのが当たり前なのですから(金銭的にも、社会的にも)

ハウツーにすがってしまうのは、多分、不安が強く、自信もないからでしょう。

理由を知ろうとして、あるいは、自分の思う通りに状況を変えようとして、いろんなハウツー本を読み漁ってしまう気持ちも理解できます。

だからといって、物事を自分の思う通りに操作し、相手を従わせようとすれば、それこそ永久に信頼を失いかねません。

どんなに辛くても、訳が分からなくても、一所懸命に相手の気持ちを考え、自分の態度を省み、正すべきところは素直に正す以外、愛を繋ぐ方法など無いような気がします。

それより、恋について語った詩(寺山修司とか)や、神話や物語を読む方が、うんと糧になると思います。何故なら、そこには恋する心も、愚かさも、全て書いてあるからです。

ハウツー本みたいに、「こうすれば彼に愛される」という直截的な表現はありませんが、愚かなヒロインも、嘆くヒロインも、みな、あなたの現し身です。

その姿を客観的に見つめることで、自分の過ちにも気づくでしょう。

これらは人類が何千年と悩み、語り尽くしてきたことです。

本当に正論があるのなら、失恋して自殺する人も、結婚できずに悩む人も、とおの昔になくなっていると思います。

【あらすじ】 恋のフライング

採鉱プラットフォームの接続ミッションを前に、ヴァルターとリズは互いの境遇を語り合い、絆を深めていくが、リズがついつい好意を口にしたところ、思いがけない返事が返ってくる。
男性経験の乏しいリズは、彼の素っ気ない態度に慌てふためき、失恋したと落ち込むが――。

【抜粋】 告白と拒絶

好きな気持ちと男の誠実

リズの告白

「あなたがどんな過去を生きてきたとしても、今は私の目に映るあなたが全てだわ。たとえ、いろんな欠点があったとしても、あなたはとても心延えのいい人だと私には分かる。あなたともっと話したい。いろんな想いを分かち合って、あなたの支えになりたい。誰かのことをこんな風に思えるのは生まれて初めてなの。いつか、あなたに傷つけられても後悔なんかしない。悲しんでも、決して恨んだりしないわ」

「ミス・マクダエル。君は男に傷つけられることがどういう事かよく分かってないから、そんな暢気なことが言えるんだよ。仮にだよ、俺と君が懇ろになって、最後に別れることになっても、君は本当に後悔しないと言い切れるのか。身も心も傷ついても、いい勉強になったと割り切れるのか? 俺が君と距離を置きたいのは、君を大事に思うからだ。どうでもいい女なら、『君って可愛いね、俺も大好きだよ』で終わりなんだよ。真珠は真珠貝の中にそっとしておく、それが俺の誠実だ」

拒絶の中でも学ぶ者は学ぶ

失恋したと落ち込むリズに、父親のアルが指南する。

「お前も頭でいろいろ考えすぎじゃないかね」

アルは銀器を手に取ると、リラックスチェアにごろりと寝そべった。

「小さな商談でも、最初のリアクションはたいがい『様子見』だ。どれほど旨味のある話でも、興味丸出しに食いつく者はない。もっともらしい理由を付けて、『一考させて頂きます』と距離を置くのが普通だ。本当に自社のプラスになるか、採算はとれるか、将来性は、あらゆる方向から検討する為に。その間に相手の出方が変わることもあるし、こちらの見方が変わることもある。その時々の状況をどう読み取るかで全てが違ってくる。だから、インダストリアル社に入社した者には、できるだけ早く営業的な仕事を体験させる。どれだけ言葉を尽くし、良質な製品を並べても、相手の条件に適わなければ一蹴される現実を知るためだ。だが、拒絶の中でも、学ぶ者は学ぶし、強くなる者はどんどん強くなる。それが十年後、二十年後に、突然報われたりするものだ。お前はどうだね、エリザベス。拒絶される度に取り乱して、それで終わりかね」

Kindleストア

上巻の冒頭部を収録した無料版PDFはGoogle Driveにあります。
閲覧は無料です。モバイルでも表示可能。
『曙光』上巻 ~”海底鉱物資源を採掘せよ”から”屁理屈だけは超一流”まで


 著者  石田朋子
 定価  --
 ページ数  1509ページ
View on Amazon
 
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }