意味が無くても、名無しでも、みんな生きてる ~君に深海を見せたい理由

意味が無くても、名無しでも、みんな生きてる ~君に深海を見せたい理由

深海 もう一つの宇宙

なぜ深い海の底を調べるのでしょう。それも数千メートル隔てた暗黒の世界です。
私たちが『世界』として見ているのは、惑星表面を覆う地殻の、ほんの3割ほどでしかありません。
たとえば、ハワイのマウナケア山は、標高4205メートルですが、海底からの高さは10,203メートル、実体はエベレストよりも巨大な山です。しかし、大半が海面下に没している為、私たちの目には、「エベレストが世界一高い山」に映ってしまうのです。

実際、海面下には、地上の山に匹敵するような、高い海山がたくさん存在します。
もし、海水がすべて干上がってしまったら、私たちは、ヒマラヤ山脈より、もっと険しい山並みを目にすることができるでしょう。

そして、今、私たちが立っている大地の全容が、実際にはどうなっているのか、詳しく知ることが、地上の火山や地震の仕組み、果ては未来の地球の姿を知ることに繋がるのです。もし私たちが、かなりの確率で、噴火や地震を予測することが可能になれば、人命を救うこともできるでしょう。

それは果てしない道のりかもしれませんが、研究を積み重ねれば、いろんなことが明らかになるでしょう。

全ての鍵は、果てしない水の底にあるのです。

【あらすじ】 深海の潜水艇からの実況

ウェストフィリア島と近海の鉱物資源を探査する為、ウェストフィリア開発公社の命を受けて、リズの又従妹のオリアナが深海調査のオファーにやって来る。開発公社の最大の出資者が悪名高い鉱山会社ファルコン・マイニング社であることから、ヴァルターは訝るが、一方で、ウェストフィリアの鉱物資源が大きな利益をもたらすこと、潜水艇の新米パイロットの境遇が厳しいことから、調査を引き受ける。その条件として、潜水艇からの実況を申し出るが、オリアナは彼の要望を無視し、のらりくらりと返事をかわす。

【抜粋】 深海から実況する意義

大衆の良心が世論を動かす

ヴァルターの要望を無視するオリアナをようやく掴まえ、カフェで話し合う。

 彼の姿に気付くと、オリアナはすぐに立ち上がり、
「オファーを引き受けて下さって、どうもありがとう。ベテランのあなたがサポートして下されば、調査員も大船に乗った気分ね」
と大仰に言った。

「それで、俺の提示した条件は呑んでもらえるんだろうね」

「ああ、実況とか何とか言ってたやつね」

「俺も職業意識から今度のオファーを引き受ける。だから、君たちも企業としての誠意を見せて欲しい」

「それは非常に難しいわね」

「どうして」
「資源探査は企業機密に相当するのよ。まして公社となれば、国家的な資源戦略に関わる部分も大きいわ。それを逐一レポートするなど、新製品の開発現場をご覧下さいと言うようなものじゃない。そんな常識も理解できないの?」

「企業機密や政府の資源戦略に関わることまで公にはしない。俺はただウェストフィリアがどういう所で、何の為に海洋調査を行うか、広く知らしめたいだけだ」

「公社には公社の方針があるの。部外者のあなたに口を挟む権利はないわ」

「君は一度でも公社の誰かに是非を確かめたのか? 自分の中で勝手に結論づけて、話を揉み消そうとしてるんじゃないか」

「人聞きの悪いことを仰らないで。私は常識ってものを、あなたに説いて聞かせてるだけよ。あなたが考えを公社の上層部に話しても、どうせ一笑に付されて終わり、大勢の前で恥をかく前に、私の方で善処してあげてるんじゃないの。むしろ感謝して頂きたいほどよ、ヴァルター・ラクロワさん!」

「その名で俺を呼ぶな」

<中略>

「ともかく、一笑されるかかどうかは話してみなければ分からないし、一笑されたところで君が恥をかくわけでもない、開発公社の担当者と話ぐらいさせてくれてもいいだろう」

「無理ね。部外者とは話さないわ」

「俺は部外者じゃない」

「部外者よ。社員でもなければ、市民でもない。紙切れ一枚で雇われたアル・マクダエルの飼い犬でしょ」

「飼い犬にも物を言う権利はある」

「あなたって、本当に世間知らずね。陰で笑い物にするだけならともかく、本気で潰しにかかる人間だっているのよ。人ひとりが破滅する様を見て、心を痛めるどころか、よくぞ消えてくれたと手を叩いて喜ぶ本物の悪党。あなたの立派な正義も、あの人たちにとってはただの雑音に過ぎないわ。あなたが顔を真っ赤にして叫べば叫ぶほど、馬鹿な奴だと嗤うだけよ」

「だが、それもマスになれば、黙殺できなくなる」

「どういう意味」

「俺の故郷の話だ。住民の合意もなしに臨海都市の建設が行われることになった。基礎工事が始まって、ボランティアが何年もかけて植樹した所を数台の重機が掘り返そうとした時、それまで静観していた人までプラカードを手に駆けつけた。さすがにオペレーターも作業を続けられなくなり、工事も中断した。それを国内の有名なジャーナリストが取り上げたことで再び世論が動き、ついに臨海都市計画そのものが覆ったんだ。そんな風に、大勢が団結すれば強い流れも変えられる。いくらマイニング社が大企業でも、鉱区の労働者が一斉にストライキを起こせば、ファーラー社長だって大上段に構えておれないだろう」

「あなた、左巻きなの?」

「そうじゃない。誰もが心の奥底では識ってるんだ。何が大切で、自分たちがどう振る舞うべきかを。世の中は醒めた人間ばかりじゃない。ただ声に出して主張しないだけで、心の奥底では、正しいこと、美しいことを求めている。そうでなければ、映画や偉人伝やサッカーのファインプレーに心を動かされたりしない。そして、いつか、そうした大衆の義心が世の中を動かすようになる。今、誰も異議を唱えないからといって、十年後、二十年後も、誰も抗わないと思ったら大間違いだ。どんな栄華にも終わりは来る」

「だからって、あなたが広報したぐらいで開発計画はびくともしないわよ」

「俺は計画自体を非難するつもりはない。まだ始まってもいないし、新たな財源にしたい地元の期待もある。ただ海洋調査の実際を伝えて、とりわけ、ここで生まれ育った世代に海の科学や可能性を知ってもらいたいだけだ」

『面白くないこと』の先も見てみよう

オリアナとの話合いは物別れに終わる。その顛末を同僚のゾーイに話すと、ゾーイもオリアナの見解に賛同で、実況などやるだけ無駄だと口を尖らせる。

「ね、どうして、そこまで実況にこだわるの。ウェストフィリアに関する広報ならともかく、潜航調査の実況なんて、誰も興味を示さないわよ」

「どうして」

「だって、真っ暗なんでしょう。水族館みたいに色んな魚が泳いでるわけでもない。『ハイ、ただいま水深一〇〇〇メートルです、窓の外は真っ暗です。タコもイルカもいません』、そんなこと延々と聞かされて、視聴者が手を叩いて喜ぶと思う? 人食い鮫でも登場するならともかく、夜闇みたいな深海を何時間も見せられても退屈なだけだよ」

「何も無いことはないよ」

「じゃあ、真っ黒な水以外に何があるの? 私、一度だけシュノーケルで磯場に潜ったことがあるけど、岩がごろごろしてるだけで、何も無かったわよ」

「それは君が岩しか見てないからだよ」

「どういう意味」

「全てのものには意味がある。そこに存在する理由がね。岩一つといえど、生成するのに何百万年、何千万年の時間がかかってる」

「言いたい事は分かるけど、一般人には面白くも何ともないわよ」

「そうかな」

「ええ、そう。誰もが詩的に生きてるわけじゃないもの。海底に転がった石塊を見て、いちいち数百万年の時の重みを噛みしめる人がどれほどいるというの。それより、他にも楽しい企画はいっぱいあるでしょう。未来の水中ロボットとか、調査船の厨房拝見とか。私ね、ヨットクラブの仲間に声をかけて、『オーシャン・ポータル』に掲載できそうな写真をいっぱい送ってもらったの。朝焼けの海、青空に映えるディンギーヨット、月の輝く入り江、どれもプロ級の素晴らしい作品ばかり。気を取り直して、トップページに掲載するメッセージでも考えなさいよ。今日からでもコンテンツを作成しないと、調査に間に合わないわよ」

<中略>

「俺が潜航調査を実況したいのは、君が二言目には『くだらない』『面白くない』と言うからだよ」

「どういうこと?」

「君は海のことをよく知ろうともせず、『面白くない』と切って捨てる。『面白くないこと』の先は見ようとしない」

「それを私に知らしめるために、わざわざ実況を企画するわけ? 関係者にけんもほろろに断られても?」

「そうだよ」

「冗談でしょう」

「本気だよ」

「どうしてなの?」

「君は前に言ってたな。どんなに一所懸命に生きても、自分は決して日の当たる場所で栄光に浴することはない。幸せではない人間にとって、生命がどうだの、生きる価値がどうだの、そんなことはどうでもいい、と。でも、価値観も揺るがすようなものを目にしたら、多少は見方が変わらないか」

「それと深海調査にどんな関係が?」

「深海の生き物を見れば分かる。意味が無くても、名無しでも、その存在に未だ気付かれなくても、みんな生きてる」

「それはステラマリスの話でしょう。ウェストフィリアの海に潜っても、何も無いと思うわよ」

「何も無いことはない。ウェストフィリアの海だって生きてる。生きているから、ここには地熱があり、雨が降り、深海にも様々な鉱物が生成される」

「それで私の価値観が変わると本気で思ってるの?」

「一度は見せてやりたい。君にも幸せになって欲しいから」

「……どうして?」

「君に多少なりと愛情を持ってるからだよ。affection ってやつさ」

【リファレンス】 深海のダイナミズム

海底には不思議な地形がたくさん存在します。もし海水が全て干上がれば、素晴らしい光景を目にすることができるでしょう。

地球のダイナミズムを間近に感じる海底火山と珊瑚礁。

日本のすぐ側にこれほどダイナミックで美しい火山列島があるのですよ。なかなか行く人も少ないけれど、地学的には非常に興味深い箇所です。

Kindleストア

上巻の冒頭部を収録した無料版PDFはGoogle Driveにあります。
閲覧は無料です。モバイルでも表示可能。
『曙光』下巻 ~”深海調査のオファー”


 著者  石田朋子
 定価  --
 ページ数  1244ページ
View on Amazon
 
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }