それでも人生はいいものだ 。もう一度生きてもいいと思えるくらい

それでも人生はいいものだ 。もう一度生きてもいいと思えるくらい

【あらすじ】 突然の病と人生への納得

海底鉱物資源の採鉱システムの接続ミッションをめぐって、さんざん対立してきたマネージャーのダグと、潜水艇のパイロットであるヴァルターだが、採掘も本格化し、これからという時、ダグは過食症による超肥満が原因で心臓発作という最悪の事態に見舞われる。
海上プラットフォームからヘリで病院に搬送し、一命を取り留めたものの、もう二度とプラットフォームに復帰することは叶いません。
結婚もせず、何かを楽しむこともなく、採鉱システムの開発に人生を捧げて、最後は病に倒れたダグですが、不思議と恨む気持ちはなく、逆に、仕事が上手くいかないとふてくされるヴァルターを励ます場面です。

【抜粋】 それでも人生はいいものだ

心臓の手術後、集中治療室のダグをヴァルターが見舞う。
ダグは決まり悪そうに顔をしかめるが、言葉を交わすうち、ダグも胸の内を話す。

ダグは上を向き、遠い昔に思いを馳せるように目を瞬いた。

「誰だって無難に生きたい。楽して食えるなら、それにこしたことはない。だが、世の中には、それだけで納得できない人間もいる。そして、オレも、オレの父親も、なんだかんだで熱に呑まれた。他にいくらでも生きようがあったのに、結局、あの人と同じようにプラットフォームに人生を捧げちまった。お前、信じられるか? オレは人生の半分以上を工場とプラットフォームで過ごしてきたんだぜ?」

<中略>

ダグは目を赤くしながら、「こんな時、親父が生きてりゃあな」と、ぽつりとこぼした。

その言葉は彼の胸にも突き刺さる。

二〇年後、三〇年後、今は仕事にも困らないが、いずれ体力も衰え、あちこち痛むようになれば、生計を立てることさえままならなくなるだろう。そして、入院しても、誰も見舞いになど来ない……。

ダグはそんな彼の顔をちらと見上げ、
「お前もくだらない意地を張ってないで、いい加減、収まるところに収まればどうだ。オレみたいな醜男ならともかく、お前なら道を歩いてるだけで、いくらでもチャンスがあるだろう」

「そんな単純なものじゃない」

「そうかね。オレがお前なら、今頃こんな暮らしはしてない。可愛い女房と、子供と、余裕があれば庭付きの家でも買って、のんびりビールでも飲んでる。そんな当たり前のことが手に入らない。人間にとって、これほど堪えることはない」

彼もまた十三歳の日に「当たり前の暮らし」が奪われたことを思った。父母が居て、食事があって、明日もまた今日と同じ日が続くと信じてた。

「それでも、人生はいいものだ。もう死ぬかもしれないという時に初めて実感した。何も無い、砂漠みたいな所に採鉱プラットフォームを立ち上げ、マクダエル理事長みたいに立派な人の信任を得ることもできた。そして、プラットフォームのマネジメントを任され、絶対不可能と言われた採鉱システムを皆で完成させた。今となっては頼る家族もない、女にも縁が無くて冴えない人生だったが、それでも良かったと思える。これなら、もう一度生きてもいいかな、と思えるくらい」

「気持ちは分かるよ」

「お前も無駄に突っ張るのは止めろよ。オレも三十半ばを過ぎた頃から過食症がひどくなって、あっという間に目も当てられないデブになった。その反動でオレも意気がってたよ。人に舐められまい、見下されまいと。だが、本当の強さというのは、自分の弱さを恥じないことだ。人に弱みを知られても、意気がったり、言い訳しない。雨の日も風の日も、理事長みたいに飄々としているのが理想だ。オレもいよいよ命に関わるほどの肥満になった時、理事長に呼び出されて、いろんな話をした。オレは病気じゃない、絶対に治療は受けないと言い張り、ずいぶん手こずらせたが、最終的に承諾した。本当の強さはそういうものじゃない、ありのままを受け入れることだと痛感した。あれで一皮も二皮も剥けたような気がする。今でも突っ張る性格は変わらんが、それでもあの頃よりましだ。マードックやフーリエとも仲良くやれるようになった」

ダグはふーっと深い息をつくと、
「お前も手の中にあるものを大事にしろよ。人間の十年、二十年など、あっという間だぞ」
と彼の顔を見た。

【リファレンス】 素晴らしい哲学は10代~20代に出会うべし

本作でも繰り返し登場しますが、『これが生だったのか。それなら、よしもう一度! 』が全ての核になっています。
人生で一番感動したのがこの台詞――というより、あの分厚い『ツァラトゥストラ(手塚富雄・訳)』を読み進めて、最後の最後に、この一文に出会った瞬間が忘れられないのです。
こういう本は10代~20代、遅くとも30代には読まないといけません。40過ぎると、説教くささが鼻について、人生論より現実主義の方が優るからです。
ところが10代~20代に影響を受けた哲学や文学は一生心の中で色褪せません。
たとえ、年をとってから違和感に気付いても、永遠の太陽みたいに燦然と心に輝き続けるからです。
純粋と危険は紙一重ですが、純粋なくして感動はありません。
そして、人間が馬鹿みたいに感動できるのも、10代~20代のうちなのです。
本に限らず、映画でも、漫画でも、いい作品にたくさん触れることが一生の財産になります。

それでも人生はいいものだ 。もう一度生きてもいいと思えるくらい

Kindleストア

上巻の冒頭部を収録した無料版PDFはGoogle Driveにあります。
閲覧は無料です。モバイルでも表示可能。
『曙光』上巻 ~”海底鉱物資源を採掘せよ”から”屁理屈だけは超一流”まで


 著者  石田朋子
 定価  --
 ページ数  1509ページ
View on Amazon
 
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }