これが生だったのか。それなら、よしもう一度! 自己肯定と魂の幸福

これが生だったのか。それなら、よしもう一度!  自己肯定と魂の幸福

これが生だったのか。それなら、よしもう一度!

人間がこの世で生きていく上で、一番辛く感じるのは『劣等感』ではないでしょうか。
周りを見回せば、社会的にも、能力的にも、自分より優れた人はたくさんいますし、容姿、財産、住まい、肩書き、アップロードした写真や「いいね」の数まで、比較すればきりがありません。

それは時に妬みや絶望となって心を蝕み、本来、その人が持っている能力まで損ねてしまいます。

本作では『言葉の問題』にフォーカスして、生きる自己肯定について説明しています。

息子ヴァルターの言葉の問題に気付いたグンターは、「今直さなければ、将来落ちこぼれて、大変な不幸になる」と考え、あちこちの医療機関や児童施設を訪ねて回ります。それは決して強制や否定ではなかったのですが、結果的に、息子の気持ちを傷つけ、悪い方に追い込んでしまいます。

そして、ようやくオステルハウト先生という理解力のある先生に巡り会い、問題克服の突破口が開けるのですが、身内の中で改善しても、社会に出れば否応なしに周りと比較され、苛められます。

劣等感に苛まれ、生きる自信を無くしたヴァルターは「死にたい」と言い出して父親を慌てさせますが、それに対して『自己肯定』の精神を説いたのがお祖母さんでした。

自己肯定の精神は、代々、読み継がれたニーチェの著書『ツァラトゥストラ』のテーマでもあります。

「この人生をもう一度生きてもいい(永劫回帰)」と思えるほどに、自分自身と生きることを愛する。

それが本当の意味での問題解決=自己超克だと、悩むグンターに言って聞かせるのです。

そして、そのことをヴァルターにも伝えようとしますが、小さい息子に永劫回帰の思想など分かるはずもありません。

そこで『永遠の円環リング』という一つの比喩を用いて、永劫回帰の考えを教えようとします。

それが後々、『円環の海洋都市=リング』という形に結晶するのが本作の主旨です。

人生に正解はない……と言われますが、自己肯定できる人生と、できない人生の間には大きな開きがあります。

たとえ言葉に問題があっても、容姿や能力で他より劣ろうと、自分で自分に「よし」と言えて、もう一度、生きてもいいなと思えるほど、その人生を楽しむことができたら、それは何ものにも脅かされることのない、最高の幸福ではないでしょうか。

このパートは海洋小説『曙光』の抜粋です。
詳しくは作品概要と記事一覧をご参照下さい。
冒頭部の無料サンプルはGoogle Drive からDLできます。

【あらすじ】 死にたい・・

グンターは息子と楽しくお喋りできるのを心待ちにしていたが、幼稚園の教諭から聞かされたのは『場面緘黙症』『学習障害』という衝撃の事実だった。息子の言葉の問題を直そうと、グンターは必死になるが、まったく改善する気配がない。そんな折り、職場の同僚に紹介されたスピーチセラピーの先生と面談し、自身の誤りに気付く。
幾多の問題を克服し、ヴァルターも普通の子と同じように学校生活を楽しんでいるかに見えたが、そんな息子の口から聞かされたのは「死にたい」の一言だった。

「俺みたいな人間は生きていても仕方ないから、死ぬことにしたんだ」

途方に暮れるグンターに、母は『ツァラトゥストラ』の一説を語って聞かせる。言葉の能力がどうあれ、大切なのは自己肯定の気持ちだと。真理に目覚めたグンターは息子に『これが生だったのか。よし、それならもう一度!』という永劫回帰を教えようとするが、ヴァルターには難しすぎて分からない。だが、グンターは諦めることなく、息子に『生の哲学』を説き続ける。

【抜粋】 生を肯定してこそ、魂の幸福

これが生だったのか よし、それならもう一度!

※ 死にたいと訴える息子に上手く答えることが出来なかったグンターは、カールスルーエの実母から助言を得る。

数日後、カールスルーエの母がヴァルターの大好きなバームクーヘンやシュネーバルドイツの揚げ菓子をいっぱい送ってくれた。御礼の電話を入れた際、海での出来事を話すと、母がおもむろに言った。

地上に生きることは、甲斐のあることだ。ツァラトゥストラと共にした一日、一つの祭りが、わたしに地を愛することを教えたのだ。『これが――生だったのか』わたしは死に向かって言おう。『よし! それならもう一度』と

グンターがはっと顔を上げると、母はさらに暗誦を続けた。

「おまえたちがかつて『一度』を二度欲したことがあるなら、かつて『おまえはわたしの気に入った、幸福よ、刹那よ、瞬間よ』と言ったことがあるなら、それならおまえたちはいっさいのことの回帰を欲したのだ。おまえたち、永遠な者たちよ、世界を愛せよ、永遠に、また不断に。痛みに向かっても『去れ、しかし帰ってこい』と言え。全ての悦楽は――永遠を欲するからだ」

それから席を立ち、子供部屋の書架から一冊の古びた本を取ってくると、背表紙をカメラに近づけた。

「Also sprach Zarathustraツァラトゥストラはかく語りき」

「あなたは最後まで読んだことがなかったでしょう。中学生の頃、最初の数ページを繰っただけで、『僕、こういうの苦手だ。くどくど五月蠅い感じがする』とすぐに書架に戻してしまったから。ワーグナーが好きなら、いつかこの本にも手を伸ばすだろうと期待してたのだけど」

「すっかり忘れてたよ」

<中略>

「僕はどう力づけたらいい?」

「この本に書いてあることを教えてあげればどうかしら。魂の幸福とは、自身を肯定し、生きることを悦ぶ気持ちだと

「自身を肯定し、生きることを悦ぶ……」

「あなたは以前からあの子の言葉の問題を直そう、直さなければと躍起になっている。もちろん、その努力は理解できるし、訓練次第で改善するのも本当でしょう。でも、直らないからといって、あの子の価値が半減するわけじゃないし、その他の能力まで損なわれるわけでもない。肝心なのは、受入れること。言葉に不自由しようが、周りに誤解されようが、『それでよし!』と思える気持ちでしょう

生を肯定する

※ 母の助言を得て、グンターはニーチェの著書を読み始める。

《わたしはあなたがたに超人を教える。人間とは乗り越えられるべきものである》

《人間において偉大な点は、かれらがひとつの橋であって、目的ではないことだ。人間において愛しうる点は、かれが過渡であり、没落であるということである》

《創造――それは苦悩からわれわれを解放する大いなる救いであり、生の軽快化である。だがまだ、創造する者が生まれ出るために、苦悩と多くの変身が必要なのである》

《創造する者とは、人間の目的を打ち立て、大地に意味と未来を与えるものである》

《いまはまだ一切が眠っている、とかれは言った。海も眠っている。海は眠りに酔い、未知の者を見る目つきで、わたしのほうを見ている。しかし、それにもかかわらず、海はあたたかく息づいている。それをわたしは感ずる。わたしはまた海が夢みていることも感ずる。海は夢みながら、堅いしとねの上で身を輾転させているのだ》

《わたしはわたしの目標をめざす。わたしはわたしの道を行く。ためらう者、怠るものをわたしは飛び越そう。こうして私の行路はかれらの没落であるように》
グンターはいつしか自分自身が夢中になっていた。学生時代、なぜこの本に見向きもしなかったのか不思議なくらいだ。

生を肯定する

このシンプルな諦観が、人によっては何故こうも難しいのか。

人は誰でも自分が好きで、自分第一という印象があるが、自分を好きであることと肯定は違う。肯定は、自分自身にとどまらず、この世の全てを包括した生の賛歌だ。世の中の矛盾も、身を切るような不運も、ありのままを受け入れ、自らの生を愛する。

生きることを肯定できなければ、何を得ても虚しいし、世界には憎しみしか感じない。能力や財産に恵まれても、努力は空回りし、何をやっても満足することはないだろう。

逆に、どれほど劣っても、思う通りに生きられなくても、心の底から『これが生だったのか、よし、それならもう一度!』と思えたら、あらゆる苦悩から解放され、この一瞬を楽しむことができる。

「だから、ヴァルター。皆と違っても、上手く出来ないことがあっても、君が心の底から『これが生だったのか。よし、それならもう一度!』と思えたら、それが本当の魂の幸福なんだよ」

「もう一度、何をするの?」

「生きることだ。永劫回帰(ewig wiederkehren)といって、同じ自分、同じ人生を何度生きてもいいと思えるほどに、この生を愛して悦ぶ気持ちだよ」

「ewig wieder……難しくてわかんないよ」

「じゃあ、こう言おう。Der Ring der Ewigkeit――『永遠の環』だ。たとえば、太陽は海の向こうに沈んでも、また昇って輝きたいと思う。それは太陽である自分自身を悦んでいるからだ。それと同じように、君もこの人生、同じ自分を何度生きてもいいと思えるようになれば、あらゆる苦悩から解放されて、自由になる」

「俺が何度も生きるの? そんなのイヤだよ、俺、早く死にたいのに」

そうじゃない、ヴァルター。俺が何度も生きるんじゃない。何度生きてもいいと思えるほど、自らの生を悦ぶという意味だ

「『悦ぶ』って、どうやって? 毎日、バームクーヘンを食べるの?」

「やっぱり君には難しすぎるかな。じゃあ、こうしよう。これからお父さんの言うことをしっかり頭の片隅にメモするんだ。今は意味が解らなくてもいい。丸ごと暗記して、折に触れ思い出して。そうすれば、いつかきっと人生の助けになる。『グンター・フォーゲルもかく語りき』だ。世界で唯一、君のための哲学書だよ」

【リファレンス】 ニーチェと永劫回帰

永劫回帰にもいろんな解釈がありますが、「これが生だったのか、それなら、よしもう一度」の一言に尽きると思います。
ツァラトゥストラも、最初は暗いトーンで始まって、最後に、この一言に辿り着く過程が素晴らしいんですよね。

ちなみに当該個所の文章は次の通りです。(ツァラトゥストラ (中公文庫) 手塚富雄・訳

第四章 酔歌

そのとき、この長い驚くべき日のうちで最も驚くべきことが起こった。最も醜い人間が、もう一度、そしてこれを最後として、喉を鳴らし、鼻息をしはじめたのだ。そして、ついにかれがそれをことばにして言ったとき、見よ、かれの口からは一つの問いが、まろやかに、清くおどり出た。一つのよい、深い、明るく澄んだ問いであった。それは耳を傾けたすべての者の心を感動させた。
「わたしの友なるすべての人よ」と、最も醜い人は要った。「あなたがたはどう思うか。きょうこの一日に出会ったために──わたしははじめて満足した。今までの全生涯にたいして。

だが、それだけを証言したのでは、まだ十分ではない。地上に生きることは、かいのあることだ。ツァラトゥストラと共にした一日、一つの祭りが、わたしに地を愛することを教えたのだ。『これが──生だったのか』わたしは死に向かって言おう。『よし、それならもう一度!』と。

これが生だったのか。それなら、よしもう一度!  自己肯定と魂の幸福

関連する記事

  • 投稿が見つかりません。
タグ 生の哲学

Kindleストア

上巻の冒頭部を収録した無料版PDFはGoogle Driveにあります。
閲覧は無料です。モバイルでも表示可能。
『曙光』上巻 ~”海底鉱物資源を採掘せよ”から”屁理屈だけは超一流”まで


 著者  石田朋子
 定価  --
 ページ数  1509ページ
View on Amazon
 
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }