NOVELLA

1/9ページ

宇宙の片隅の一期一会 ~発見は己の内側からやって来る

深海調査の視察に訪れたファーラー社長は「深海で何を目にしても、見て見ぬ振りをしろ」とヴァルターに迫る。科学の良心の狭間で揺れる彼に、元上司のランベール操縦士長は「その場に行けるのは一度きり」と宇宙の片隅の一期一会の大切さを説く。

権力に折れるか、科学の良心に従うか ~学説も金で買える時代だよ

深海調査が順調に進む中、一人のスタッフが画像データの改竄を指摘する。そこにはウェストフィリア島の真実が隠されていた。調査の出資者でもあるロバート・ファーラーは「深海で何を見ても見なかった振り」を強要し、ヴァルターは科学者の良心から反発するが、ファーラーは学説も金で買える時代と脅迫する。

この会社で働いていると胸を張って言えるのか ~経営者の倫理と法令遵守

海洋調査が進む中、ファルコン・マイニング社のファーラー社長が視察にやって来る。自社の従業員もモノとしか思わぬ態度に、あんたの会社に『わたしはマイニング社で働いています』と胸を張って答えられる従業員がどれだけいるんだとヴァルターは詰め寄るが、ファーラーは決して考えを変えようとしない。

人間の存在理由と深海の生き物 意味や役割があるから愛されるわけじゃない

潜水艇の耐圧殻から深海調査の実況に挑むヴァルターは、実況に耳を傾ける子供たちに深海のダイナミックな地形や世界観を語り、生きることに懐疑的なゾーイに理由などなくても生きることの尊さを説く。八代海の謎の海丘群やプチスポット火山の話題、実際の深海調査の模様を動画と画像で紹介します。

存在理由などなくても、とりあえず生きてみる ~自分を誇れるように~

一流IT会社に就職したものの、アッパーな雰囲気に馴染めず、周りから浮いてしまうプログラマのゾーイ。些細なことでヴァルターと口論になり、会社を飛び出してしまう。ゾーイと一緒にランチを取りながら、意味がなくても生きている深海の生物に喩えながら彼女を励ます。

生命を選別する宇宙開発 ~どの生物を残し、どの生物を見殺しにするか。人間の究極のエゴ

深海の調査が進む中、潜水艇の耐圧殻でノックス研究員が宇宙人コードについて尋ねる。宇宙の開発地で土着生物が発見された場合、何を保護し、何を見殺しにするか、人間の究極のエゴともいうべき法律だ。一方、新米パイロットのユーリは懸命にサンプリングに取り組みながら、意欲と連帯感を深める。

潜水艇パイロットの矜持 一生誇りに思えるように ~初めての深海調査

ウェストフィリア近海の海底鉱物資源に執着するロバート・ファーラー社長は自らが出資する開発公社を使ってメテオラ海丘の深海調査を指示する。お粗末なデータを前にヴァルターは有人潜航は時期尚早と疑問を呈するが、ファーラーの代理人であるオリアナは聞き入れない。初めての潜航を前に、不安に青ざめる新米パイロットにヴァルターはパイロットの矜持を説く。

学界に名誉の旗を立てるだけが学問か? 血塗られた貴石と科学者の誇り

ウェストフィリア探鉱に乗り出すファルコン・マイニング社の社長ファーラーの手には、稀少金属ニムロディウムを含む貴石ブルーディアナイトが握られている。それはかつて鉱物学者の恋人からダナに贈られたものだった。マイニング社の不正には学問でもって対抗すると、志の高い鉱物学者の父子だったが、ブルーディアナイトが原因で凄惨な事件に巻き込まれる。

意味が無くても、名無しでも、みんな生きてる ~君に深海を見せたい理由

潜水艇からの実況を条件にウェストフィリアの深海調査を引き受けるが、オリアナは彼の申し出を無視し続ける。それを同僚の女の子に話すと、誰も深海の実況など興味ない、何の意味があるのかと問いかける。「君は海のことをよく知ろうともせず、『面白くない』と切って捨てる。『面白くないこと』の先は見ようとしない」とヴァルターは反論する。

1 2 3 4 5 9
Scroll Up var url = 'https://novella.blog/'; if(window != parent || !(location.href.indexOf(url) === 0)) { top.location.href = url; }